HOME > 病院について > 近中NOW! > 当院の新型コロナウイルス感染症への対応について

病院について

当院の新型コロナウイルス感染症への対応について

2020/10/29

安心してご来院いただくための当院の取り組み

医療機関の受診について、自粛要請はされていないものの、感染に対する不安から、受診そのものを遠慮されている方も多いのではないでしょうか。対象年齢や接種回数、接種間隔が定められている小児の予防接種や、成人のがん検診の受診控えにより、予防可能な感染症の罹患リスクの高まりや、がん発見の遅れなど、新たな問題が生じています。

当院では「新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、感染防止対策について、責任を持って対応しています。患者様を新型コロナウイルス感染症から守るため、下記の取り組みを行なっておりますので、通常の診療は元より、小児の予防接種や 伊丹市がん検診、伊丹市民健診の受診についても、どうぞ安心してご来院ください。

●サーマルカメラでの発熱チェック

↑37.5度以上の方には音声でお知らせします。
●再来受付機で受付時に問診実施

↑診察・検査エリアに入る前に発熱・倦怠感などが
ないか、問診を行います。
発熱・感染疑いのある方は、待機場所や診察場所を別区画に設けて専属スタッフが対応。通常診療の患者様との動線を分離しています。
●電話診療の実施

症状が安定している慢性疾患の患者様については、
電話で診察を行ない、お薬を処方する「電話処方」
を実施しています。

患者様同士が、できるだけ密にならないよう努力
しています。
●安心マークの取得

↑日本医師会認定
●手指消毒液の設置

↑各エリアに設置しています。
●飛沫防止シート

↑受付には飛沫防止シートを設置しています。
●換気

↑診察室のドアや窓を開放して換気に努めています。
●密対策

↑待合では、できるだけ密にならないように
ご協力ください。

職員も感染しない! 感染させない! をスローガンに努めています

・当院には感染管理認定看護師が在籍しており、職員への最新知識の周知や感染対策の見直しを、随時行なっています。
・出勤前に検温を行ない、体調の変化があれば上司に報告し、対処する体制としています。
・マスクと必要な個人防護具の着用や、手洗い・手指消毒を徹底しています。
・患者さま対応は、飛沫防止シート越し、またはゴーグルやフェースシールド装着を標準としています。
・食事や休憩時のソーシャルディスタンスを確保しています。
・清掃スタッフには、新型コロナウイルス感染症に対応した適切な清掃・消毒についての教育を実施しています。

安心してご来院していただくための取組み

関連コンテンツ

  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは
  • かかりつけ医をもちましょう