HOME > 病院について > 病院概要

病院について

病院概要

公立学校共済組合は、地方公務員等共済組合法に基づいて設立された文部科学省認可法人として各市町村の公立学校教職員や都道府県教育委員会に所属する職員などにより組織されています。公立学校共済組合の福祉事業の一環として全国に8つの直営病院が運営されており、当院はその1病院として公立学校共済組合員のみならず、一般の方々にもご利用いただき地域医療に貢献しています。

病院概要

名称 公立学校共済組合近畿中央病院
Kinki Central Hospital of the Mutual Aid Association of Public School Teachers
所在地 〒664-8533
兵庫県伊丹市車塚3丁目1番地
3-1, Kurumazuka, Itami-city, Hyogo 664-8533, Japan
交通のご案内はこちらをご覧ください。
電話番号 072-781-3712(代表)
FAX番号 072-779-1567(代表)
開設者 公立学校共済組合 理事長  金森 越哉
開院日 昭和31年7月1日
管理者 病院長  有田 憲生
病床数 445床(一般病床408床・人間ドック37床)
看護体制看護配置 7:1
本館施設 鉄骨・鉄筋コンクリート造/外来診療棟(地上3階)/病棟(地上7階)
敷地面積:23,692.46㎡ 延床面積:29,791.25㎡
来院者駐車場 160台収容(内5台は障害者専用)
診療科目
(標榜科)
内科(呼吸器・消化器・内分泌・免疫アレルギー・腎臓)・精神科・循環器内科・神経内科・小児科・外科・消化器外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・病理診断科・麻酔科・歯科・歯科口腔外科
診療センター 健康管理センター(人間ドック)、人工透析室、リハビリテーション室、内視鏡センター、呼吸器センター、遺伝子診療センター、生活習慣病センター、メンタルヘルスセンター
職員数 648名(委託職員含まず) ※平成29年4月1日現在
高度医療機器 こちらをご覧ください。
届出事項
基本診療料 一般病棟入院基本料(7対1) 総合入院体制加算2 地域歯科診療支援病院歯科初診料 歯科外来診療環境体制加算 歯科診療特別対応連携加算 臨床研修病院入院診療加算 救急医療管理加算 超急性期脳卒中加算 妊産婦緊急搬送入院加算 診療録管理体制加算 医師事務作業補助体制加算 急性期看護補助体制加算 重症者等療養環境特別加算 がん診療連携拠点病院加算 栄養サポートチーム加算 医療安全対策加算 感染防止対策加算 患者サポート体制充実加算 褥瘡ハイリスク患者ケア加算 ハイリスク妊婦管理加算 退院調整加算 救急搬送患者地域連携受入加算 総合評価加算 病棟薬剤業務実施加算 データ提出加算 地域歯科診療支援病院入院加算 ハイケアユニット入院医療管理料 小児入院医療管理料5
特掲診療料 がん性疼痛緩和指導管理料 がん患者指導管理料 糖尿病透析予防指導管理料 院内トリアージ実施料 夜間休日救急搬送医学管理料 開放型病院共同指導料 地域連携診療計画管理料 がん治療連携計画策定料 がん治療連携管理料 肝炎インターフェロン治療計画料 薬剤管理指導料 医療機器安全管理料1 歯科治療総合医療管理料 持続血糖測定器加算  検体検査管理加算(Ⅱ) HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定) 皮下連続式グルコース測定 神経学的検査 画像診断管理加算2 センチネルリンパ節生検(乳がんに係るものに限る。) 歯科技工加算 CT撮影及びMRI撮影 冠動脈CT撮影加算 大腸CT撮影加算 心臓MRI撮影加算 抗悪性腫瘍剤処方管理加算 外来化学療法加算1 無菌製剤処理料 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ) 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ) 運動器リハビリテーション料(Ⅰ) 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)  がん患者リハビリテーション料 歯科口腔リハビリテーション料2 認知療法・認知行動療法 透析液水質確保加算 CAD/CAM冠 組織拡張器による再建手術(一連につき)(乳房(再建手術)の場合に限る。) 脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。)及び脳刺激装置交換術、 脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術(プレートのあるもの)) 乳がんセンチネルリンパ節加算1、乳がんセンチネルリンパ節加算2 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 経皮的冠動脈形成術 経皮的冠動脈ステント留置術 ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)腹腔鏡下肝切除術 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固によるもの) 腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術 人工尿道括約筋植込・置換術 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む。)に掲げる手術 胃瘻造設術(内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 輸血管理料Ⅱ 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算 胃瘻造設時嚥下機能評価加算 広範囲顎骨支持型装置埋入手術 麻酔管理料(Ⅰ) 放射線治療専任加算 外来放射線治療加算 高エネルギー放射線治療 1回線量増加加算 病理診断管理加算 口腔病理診断管理加算 クラウン・ブリッジ維持管理料
施設認定
機能 / 診療科 認定(指定)
病院機能 第89号 告示年月日:平成25年1月25日
地域医療支援病院
DPC対象病院
臨床研修 厚生労働省指定 臨床研修指定病院
厚生労働省指定 歯科医師臨床研修指定施設
がん診療 厚生労働省指定 地域がん診療連携拠点病院
日本臨床腫瘍学会認定研修施設
日本胃癌学会胃癌全国登録認定施設
日本乳癌学会認定関連施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
内科 日本内科学会認定医制度教育病院
循環器内科 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本高血圧学会専門医認定施設
呼吸器内科 日本呼吸器学会認定施設
消化器内科 日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会認定指導施設
内分泌内科 日本内分泌学会内分泌代謝科専門医制度認定教育施設
日本糖尿病学会認定教育施設
免疫内科 日本アレルギー学会認定教育施設
日本リウマチ学会教育施設
腎臓内科 日本透析医学会認定教育関連施設
心療内科 日本総合病院精神医学会一般病院連携精神医学専門医特定研修施設
神経内科 日本人類遺伝学会日本遺伝カウンセリング学会臨床遺伝専門医制度研修施設
日本神経学会専門医制度准教育施設
外科 日本外科学会外科専門医制度修練施設
呼吸器外科専門医認定機構基幹施設の関連施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本食道学会全国登録認定施設
日本消化管学会胃腸科指導施設
食道外科専門医認定施設
整形外科 日本整形外科学会専門医制度研修施設
形成外科 インプラント実施施設(一次二期再建、二次再建)
エキスパンダー実施施設(二次再建)
脳神経外科 日本脳神経外科学会専門医制度研修施設
皮膚科 日本皮膚科学会認定専門医研修施設
泌尿器科 日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医教育施設
産婦人科 日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
母体保護法指定医師研修医療機関
兵庫県周産期医療協力病院
眼科 日本眼科学会専門医制度研修施設
耳鼻咽喉科 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
放射線科
放射線治療科
日本医学放射線学会放射線科専門医修練協力機関
麻酔科 日本麻酔科学会麻酔科認定病院
口腔外科 日本口腔外科学会認定医制度研修機関
口腔顔面神経機能学会口唇・舌感覚異常判定認定医制度認定
臨床検査科 日本病理学会病理専門医制度研修認定施設B
日本臨床細胞学会施設認定
薬剤部 日本医療薬学会認定薬剤師制度研修施設
チーム医療 日本静脈経腸栄養学会NST稼動施設
日本栄養療法推進協議会NST稼働施設
人間ドック 人間ドック・健診施設機能評価認定施設
優良人間ドック・健診施設
日本病院会指定優良二日ドック施設
マンモグラフィ健診施設

病院沿革

当院は、昭和31年7月公立学校共済組合が組合員とその家族のため福祉事業の一環として、全国8ブロックに開設された最初の医療施設です。
当初は、組合員の結核予防を主として開院されました。
昭和38年8月からは組合員の疾病の早期発見や予防活動を目的として人間ドック事業を開始しました。
その後、結核対策が効果を上げたことや社会情勢や生活環境が大きく変化したことなどにより、当初設置されて目的は達成され、結核病床の全てを一般病床へ変更しました。
現在では、総合病院として診療を行っています。
当院は近畿ブロックの組合員のための職域病院として、また、地域市民のため地域基幹病院として、患者さんとの強い信頼関係に基づいた医療を推進しています。
患者さんの1日も早い社会復帰をサポートするため、現代のニーズに応えるべく、特徴ある医療を行う改革志向の強い急性期型病院を目指すため、職員一丸となってチーム医療を推進しています。

昭和31年7月 近畿2府4県の公立学校の教職員とその家族の結核患者を収容、治療を主な目的として開院。
昭和37年7月 診療科は内科、外科、耳鼻咽喉科、皮膚泌尿器科、婦人科、歯科の6科を設け、病床数300床とする。
昭和37年8月 人間ドック開設
昭和37年11月 結核病床を一般病床に転用、総合病院の許可を受ける。
昭和50年2月 全病床が一般病床として許可を受け、職域病院から地域病院としての役割を強める。
昭和55年9月 管理外来診療科などの新築工事完了。
平成元年4月 新病院の増設工事完了。病床数453床となる。
平成3年3月 高血圧予防センター棟増改築工事完了し、診療を開始した。
平成4年4月 厚生省臨床研修病院の指定を受ける。
平成11年1月 近畿中央病院の基本理念をかかげる。
平成13年3月 外来診療棟の増改築工事完了。
平成13年4月 遺伝子診療センターを開設。
平成14年4月 日本医療機能評価機構認定病院となる。
平成15年3月 人間ドック棟改修工事完了。
平成15年9月 メンタルヘルスケアセンターを開設。
平成17年4月 人間ドック健診施設機能評価の認定を受ける。
平成17年11月 内視鏡センターを開設。
平成19年1月 厚生労働省指定 地域がん診療連携拠点病院となる。
平成19年12月 生活習慣病センターを開設。
平成20年1月 電子カルテを導入。
平成20年7月 DPC対象病院となる。
平成23年11月 地域医療支援病院となる。
平成25年4月 脳神経外科開設
平成25年9月 形成外科、リハビリテーション科開設
平成26年8月 HCU病床稼働
平成27年4月 呼吸器センター開設

関連コンテンツ

  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは
  • かかりつけ医をもちましょう