HOME > 診療科紹介 > 泌尿器科

医療関係の方へ

泌尿器科

 



アピールポイント

 

泌尿器科とは?

尿路に関する臓器 (腎、尿管、膀胱、尿道) 、男性生殖器 (前立腺、精巣、陰茎) 、さらに内分泌臓器 (副腎、副甲状腺) に関する疾患を治療しています。


すべての泌尿器科疾患にたいして高品質の医療を!

【質の高い】・【安全な】治療を【スピーディーに】・【優しさをもって】提供することを心がけています。

当院は厚生労働省の指定する地域がん拠点病院ですので、泌尿器科がん診療の充実を図ることはもちろん、がん以外の疾患に対してもより高品質の医療を提供できるよう努めています。

大阪大学医学部泌尿器科と密な関係を保ちつつ、あらゆる泌尿器科疾患に対応できるよう心がけています。

地域がん診療連携拠点病院


どんな症状がでたら受診したほうがいい?


おしっこに血が混じる、検診でおしっこに血が混ざっているといわれた
尿路系臓器の疾患が考えられます。
特に痛みを伴わない血尿は膀胱がんなどの場合があり精密検査が必要です。
おしっこをすると痛い、おしっこが近い、おしっこに時間がかかる、おしっこがもれる
膀胱炎 膀胱結石などの膀胱の異常や前立腺肥大症、前立腺癌などが考えられます。
背中・腰が痛い、熱がある
尿路結石や腎盂腎炎などが考えられます。
陰嚢が腫れている、痛みやしこりがある
痛みを伴うときは精巣上体炎などが考えられますが、痛みがないときは精巣がんの場合があり注意が必要です。
かかりつけ医をお持ちの方は一度かかりつけ医にご相談ください。 地域医療福祉センター経由で受診予約ができます。

かかりつけ医を持ちましょう



外来担当医表/休診表

主な診療内容

腎臓癌

説明 治療法は手術が原則です。
がんのある腎臓を摘出しますが、小さな腎がんでは部分切除による腎温存にも取り組んでいます。
症状 自覚症状は血尿、腹部腫瘤、発熱などですが、がんが大きくならないとこれらの症状はでません。
最近はドックなどでの超音波検査やCTで偶然見つけられることが多くなりました。

これにより早期の状態で発見できるようになりました。

人間ドック
治療内容 手術は腹腔鏡手術が基本としていますが、大きな腎癌などは開腹手術が必要です。
転移がある場合は、腎摘術+インターフェロンなどのサイトカイン療法や分子標的薬による治療を行います。


前立腺癌

説明 前立腺癌は最近増加しています。

診断手順は血液検査でPSAを測定、異常高値ならば前立腺針生検を行い診断します。
針生検は1泊2日の入院で行っています。

当科での前立腺生検の癌陽性率は約40%ですが、MRIなどを組み合わせることによりさらに診断精度の向上に努めています。
症状 排尿困難や頻尿などおしっこに関する異常が症状といえますが、症状で前立腺肥大症と区別することはできません。

やはりPSA検査をうけることが重要です。
治療内容 前立腺全摘術・放射線療法・内分泌療法など多岐にわたる治療法があります。
転移がない場合は手術や放射線療法などが、転移がある場合や高齢者には内分泌療法が適しています。

充分なインフォームドコンセントのもとに、その方に応じた適切な治療を行うように努めています。


膀胱癌

説明 膀胱粘膜から発症する癌です。
筋層浸潤のない表在がんと筋層浸潤のある深達がんで治療法が大きく異なります。
また、化学療法や放射線療法も有効です。
症状 最も多い症状は血尿です。
治療内容 表在がんでは経尿道的腫瘍切除術 (TUR-Bt) や膀胱内注入療法で治療します。
深達がんでは膀胱全摘術が標準治療ですが、TUR-Btと化学療法・放射線療法を組み合わせた膀胱温存療法にも取り組んでいます。


上部尿路癌 (腎盂癌 、 尿管癌)

説明 腎盂や尿管粘膜から発症する癌です。
膀胱と同じ組織型ですので、膀胱癌と同様に化学療法や放射線治療も有効です。
症状 膀胱癌と同様最も多い症状は血尿ですが、背部痛など尿管結石と症状が紛らわしい場合があります。
治療内容 腎尿管全摘術が標準術式です。
小さな尿管癌では尿管鏡下生検を先行させ、悪性度が低ければ尿管部分切除にとどめ腎を温存する場合もあります。
腎臓癌と同じく手術は腹腔鏡手術が基本です。


精巣癌

説明 精巣にも癌ができます。
若年者に多い癌です。
化学療法が有効で、転移のある場合でも根治できる可能性があります。
症状 症状は精巣の無痛性腫大です。
精巣が大きくなってきた、陰嚢内にしこりを触れるようになってきたなどの場合は早急な受診が必要です。
治療内容 精巣を摘出します。
転移があれば化学療法を施行します。
放射線治療も有効です。


前立腺肥大症

説明 男性の加齢現象です。
中高年になると前立腺内部の尿道周囲腺とよばれる部分が肥大してきます。
その結果前立腺が大きくなり、膀胱・尿道を圧迫し排尿困難や頻尿などの症状が出現します。
症状 おしっこが近い、尿がもれる、おしっこに時間がかかる、残尿感があるなど
治療内容 薬の治療と手術による治療があります。

薬による治療は症状緩和目的が主体で、根本治療は手術となります。

手術は経尿道的前立腺切除術 (TUR-P) を基本としています。
大きな肥大症でも経尿道的手術を基本とし、開腹手術はほとんど行っていません。

高齢や合併症で手術困難な尿閉例にも、局所麻酔による尿道ステント留置をおこない排尿可能となるように努めています。

また近年肥大症の縮小を目的とした薬剤も出現しています。


尿路結石症

説明 腎臓にできる腎結石、それが尿管に落ちてきた尿管結石を上部尿路結石と呼びます。
なぜ石ができるかはまだよくわかっていません。

一方、膀胱にできる結石を下部尿路結石といいます。
原因は前立腺肥大症や膀胱機能低下による残尿が原因です。
残尿による慢性尿路感染が膀胱結石発症につながります。
症状 腰背部痛がある、血尿がでる、頻尿は排尿痛があるなど
治療内容 上部尿路結石はカルシウム結石が多くこれらは薬ではとけません。

5mm以下の小さな尿管結石は自然にでることが多く排石を待ちますが、腎結石や5mm以上の尿管結石は体外衝撃波結石破砕術 (ESWL) 、経尿道的尿路結石除去術 (TUL) 、経皮的尿路結石除去術 (PNL) を行っています。
近年開腹手術例はありません。

膀胱結石も経尿道的砕石術が主体ですが、結石形成の原因となった疾患の治療も必要です。



外来担当医表/休診表

トピックス

 

新規手術を導入しました


腹腔鏡下前立腺手術を開始しました
当院は平成27年12月より腹腔鏡下前立腺手術の認定施設となりました。
このことにより当院で「腹腔鏡下前立腺手術(LRP)」が実施できることになりました。
LRPは開腹術と比較して術後ADLがよく、拡大視野の利点を生かすことで、出血量の減少・尿禁制の改善・神経温存等のメリットが期待できます。
当院では今後も腹腔鏡下手術の更なる充実を目指していきます。
経尿道的核出術 (TUE-P) を導入
前立腺肥大症に対して従来の経尿道的前立腺切除術 (TUR-P) のほかに経尿道的核出術 (TUE-P) も導入しました。

現在肥大症の程度により使い分けていますがこれにより出血量の減少・手術時間の短縮が期待されます。

軟性尿管鏡を用いた経尿道的尿路結石除去術 (f-TUL) を開始しました
従来の硬性尿管鏡 (r-TUL) では対応困難な場合があった上部尿管結石や、r-TULでは治療不能であったESWL無効腎結石に対しての治療が可能となりました。

ESWLとr-TULそしてf-TULを組み合わせることですべての結石治療に対応します。

ESWLをうけたけどうまくいかない、石が残っているなどの方は一度ご相談ください。

新規機種を導入しました


体外衝撃波結石破砕(ESWL)機種を導入しました
このたび、従来のESWL機種(ドルニエ リソトリプターS)を更新し、新たにStorz社製「モデュリスSLX-F2」を
導入しました。モデュリスSLX-F2の特徴として次のような点が挙げられます。現在のESWL機種の中で最も高性能な機種であると自負しています。
・従来装置のなかで最大の破砕力と安全性
円筒型電磁変換方式による従来機種最大の焦点圧力と、大口径治療ヘッドによる疼痛・皮下血腫・腎ダ メージの軽減
・衝撃波焦点サイズの切り替え
焦点サイズを2種類選択できるため結石の大きさ・硬さに応じてより効率の良い破砕が可能
・従来機種最大の焦点深度
従来機種の中で最大の焦点深度(180mm)であるため、焦点が結石に届かず治療不能であった肥満者も 治療可能


外来担当医表/休診表

診療実績 / 統計


地域がん診療連携拠点病院として、泌尿器科癌の診療の充実をはかること、一方非癌疾患の診療も怠らないことをモットーに、平成27年度の入院患者数は461名 (平成23年度 : 685名、平成24年度 : 594名、平成25年度 : 487名、平成26年度 : 490名) と推移しています。
疾患構成をみると癌関連が294名 (63.8 %) で、入院比率が一番高くなっています。

非癌疾患では尿路結石、前立腺肥大症などの下部尿路閉塞 (LUTS) 、尿路性器感染症などが主たる疾患で、TULを主とした上部尿路内視鏡手術が増加しました。

入院患者数

H23年度 H24年度 H25年度 H26年度 H27年度
癌関連 389
(56.8 %)
377
(63.5 %)
314
(64.5 %)
285
(58.2%)
294
(63.8%)
結石 110 89 90 98 75
LUTS 59 35 14 22 16
感染症 82 61 45 46 41
その他 45 32 24 39 65
合計 685 594 487 490 461

 






総手術件数は平成22年度は544件、平成23年度は543件、平成24年度は477件、平成25年は404件、平成26年度は425件と推移しています。
腎 (尿管) 全摘除術・膀胱全摘術など尿路性器がん関連のmajor手術件数が増加し、患者さまに負担の少ない腹腔鏡関連手術も増加傾向にあります。

手術件数

手術 H23
年度
H24
年度
H25
年度
H26
年度
H27
年度
経尿道的 TUR-P 49 27 15 21 14
TUR-Bt 83 91 94 89 85
IOU 5 6 2 2
TUL 13 21 36 52 54
尿管鏡関連手術 12 8 17
膀胱砕石術 12 12 11 6 10
その他 4 13 5 7 4
小計 166 170 175 185 184
開腹 前立腺全摘術 23 13 8 2
腎摘除(部分切除)術 3 1 1
腎尿管全摘術 1 1 2
膀胱全摘術 5 1 5 2 4
膀胱(尿管)部分切除術 2 2
その他 24 10 12 16 19
小計 58 26 29 20 24
腹腔鏡
副腎摘除術 1 3 3 1
腎(尿管)全摘術 9 11 12 8 16
腎部分切除術 2 2 4 2
前立腺全摘術 11
腎孟形成術
後腹膜腫瘍切除術       1 1
精索静脈瘤手術       1
その他     1
小計 12 16 19 12 30
その他 29 27 26 32 36
ESWL 87 67 42 39 17
前立腺生検 191 171 113 137 136
手術計 265 239 249 249 274
総計 543 477 404 425 427



▲ページトップ

スタッフ紹介

名前 (ふりがな) 本多 正人(ほんだ まさひと)
役職 部長
専門分野 泌尿器科一般
学会専門医・
認定医
日本泌尿器科学会認定指導医・専門医
日本内視鏡外科学会腹腔鏡手術(泌尿器科領域)技術認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療機構暫定教育医・がん治療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
臨床研修指導医養成講習会終了

名前 (ふりがな) 新井 浩樹(あらい ひろき)
役職 医長
専門分野 泌尿器科一般
学会専門医・
認定医
日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医
日本泌尿器科学会認定泌尿器科指導医
緩和ケア研修会修了(兵庫県・阪神北圏域)

名前 (ふりがな) 小林 泰之(こばやし やすゆき)
役職 医長
専門分野 泌尿器科一般
学会専門医・
認定医
日本泌尿器科学会認定指導医

名前 (ふりがな) その他(そのた)
役職 その他、非常勤医師2名

外来担当医表/休診表へ

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは