HOME > 診療科紹介 > 薬剤部

医療関係の方へ

薬剤部






薬剤部紹介ページへようこそ


公立学校共済組合近畿中央病院薬剤部は、笑顔の絶えない、地域のモデルとなる薬剤部を目指し、患者さまに安心、安全で効果的な薬物療法を提供いたします。
また、院内外の医療スタッフに対して、処方作成や医薬品適正使用などの運用支援、チーム医療の推進による診療支援活動を提供いたします。
いつでも薬剤師がいる環境を整えることにより、医療スタッフとの信頼関係を向上していきます。

理念と目標

理念 ①薬剤師の専門性を生かして、安心・安全な薬物療法を支援します。
②チーム医療に積極的に参加して、薬の適正使用を推進します。
目標 ①安全で効果的な薬物療法を提供します。
②医療の質の向上に専門職としての役割を果たします。


[INDEX]
クリックで同じページ内の該当箇所に移動します
アピールポイント 当院薬剤師の役割 医療関係の皆さまへ 実績/統計





アピールポイント


がん治療との関わり

地域がん診療連携拠点病院の薬剤部門として、がん治療にも積極的に関わっています。
がん薬物療法認定薬剤師を育成し、専門の薬剤師が抗がん剤の調製を行ないます。 (外来化学療法届出:2004.1.1)


チーム医療

良質な医療を提供するために、各種チーム (がん化学療法、緩和ケア (PCT) 、感染対策 (ICT) 、糖尿病、栄養サポート (NST) 、遺伝子診療センター) に学会から認定された専門・認定薬剤師等が参加しています。



当院薬剤師の役割


外来患者さまの窓口相談

患者さまに安心して薬物治療を受けていただくために、薬が正しく処方されているか、飲み合わせが悪くないかなどを確認して薬をお渡ししています。

薬の飲み方が難しくてわかりにくいという患者さまには、1回に飲む薬をひとまとめにするサービスも行っていますので、医師が薬を処方する際にご相談ください。

薬の飲み方や使い方が分からない、食べ合わせや飲み合わせについて聞きたいなど、薬に関するご相談は、おくすり相談窓口までお気軽にご相談ください。


入院病棟における薬物治療の支援

入院病棟では、医師、看護師と協力して患者さまの薬物治療を行っています。

入院患者さまによりよい薬物治療を受けていただくために、薬剤師が医師に処方の提案や助言を行っています。
また、患者さまのベッドサイドに伺い、薬の飲み方・効果・副作用・生活上の注意などを説明しています。

入院される際には、患者さまが持ってこられた薬の確認を行っていますので、ご協力をお願いいたします。


がん化学療法の支援

がんを専門とする薬剤師が、患者さまに抗がん剤治療の解説をいたします。

がん治療を始めるときは、治療に対する不安、治療中は副作用の対処方法がわからない、など様々な悩みが出てくると思います。そのようなときは是非薬剤師にご相談ください。

抗がん剤治療は、患者さまにとってどの治療が最適であるかを、外科医、内科医、放射線科治療医病理医、薬剤師、看護師が集まって検討しています。


がんの症状緩和について

がんを患うと、痛みやだるさなど様々な症状でつらい思いをすることにより、日常生活が妨げられることがあります。
これらの症状をできるだけ和らげ、より良い生活ができるよう薬の選択や量を医師と検討しています。
また、患者さまやご家族の方へ医療用麻薬をはじめとする様々な薬に関して、使い方、副作用の予防と対策、生活上の注意などを説明しています。

当院では、緩和ケアを専門とする薬剤師が医師・看護師・臨床心理士らと協力して患者さまやご家族のサポートにあたっています。
薬や症状に関するご相談などがございましたら、是非、薬剤師へご相談ください。


他職種で進める良質な医療

患者さまに良質な医療を提供するために、がん化学療法、緩和ケア、感染対策、糖尿病、栄養サポートなど、さまざまなチームが院内にあります。

このようなチームに、学会から認定された専門・認定薬剤師が参加し、患者さまの治療やケアに対して提案や助言を行っています。

チーム医療
 

最適治療のための遺伝子研究

薬の中には、患者さまの遺伝子により、効果の有無や副作用のあらわれ方がわかったりするものがあります。

個々の患者さまに最適な薬物治療ができるように、遺伝子検査と研究を行っています。

遺伝子診療センター
 

新薬誕生のお手伝い

当院では未承認薬の臨床試験を行っております。

薬剤師は、患者さま、医師、製薬企業との橋渡し的役割を務めています。
そして薬剤部では、地域の患者さまに新しい薬を使用できるチャンスを提供することも使命と考え、治験管理室事務局として活動しています。

また、薬剤師も治験コーディネーターとして活動しています。

現在実施中の治験
Q&A (治験の疑問にお答えします)

学会認定及び指導薬剤師


日本医療薬学会 指導薬剤師 1 名
認定薬剤師 1 名
がん専門薬剤師 3 名
日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 1 名
感染制御認定薬剤師 1 名
実務実習指導薬剤師 10 名
がん薬物療法認定薬剤師 3 名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 1 名
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 2 名
日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士 1 名
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 2 名
治験コーディネーター 3 名
日本医療情報学会 医療情報技師 1 名


医療関係の皆さまへ


保険薬局の方へ

院外処方箋疑義照会及びジェネリック医薬品への変更について
院外処方箋の疑義照会・ジェネリック医薬品への変更報告は、 公立学校共済組合近畿中央病院処方疑義照会・ジェネリック医薬品への変更報告票にてお願いいたします。
FAX番号:072‐781-5569


レジメン一覧表
当院で運用しているレジメン一覧です。

近畿中央病院レジメン一覧表 (第4.0版)
近畿中央病院レジメン一覧表 (第3.0版)
近畿中央病院レジメン一覧表 (第2.0版)
近畿中央病院レジメン一覧表 (第1.0版)



皮膚障害マネージメント
当院の薬剤部では、皮膚障害を起こしやすい抗癌剤を使用される患者さまのために、保険薬局と連携して、皮膚障害に対する取り組みを行っています。
皮膚障害マネージメントの運用、連絡票、対策シート、皮膚障害アセスメントの要点(医療関係者専用)およびスキンケアの要点(医療関係者専用)を公開しておりますので、ご参照ください。
はじめに
取り組みに参加される患者さまへ 皮膚障害マネージメントの取り組みに参加していただける患者さまへの説明文書です。
マネージメント運用
連絡票
対策シート
皮膚障害アセスメントの要点(Ver1.0) を公開しました。 [ 医療者専用ページ ]
スキンケアの要点(Ver1.0) を公開しました。 [ 医療者専用ページ ]



新規採用及び削除薬品について

近畿中央病院採用・削除薬品 (平成28年度第06回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成28年度第06回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成28年度第05回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成28年度第04回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成28年度第03回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成28年度第02回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成28年度第01回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成27年度第06回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成27年度第05回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成27年度第04回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成27年度第03回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成27年度第02回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成27年度第01回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成26年度第06回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成26年度第05回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成26年度第04回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成26年度第03回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成26年度第02回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成26年度第01回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成25年度第06回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成25年度第05回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成25年度第04回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成25年度第03回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成25年度第02回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成25年度第01回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成24年度第06回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成24年度第05回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成24年度第04回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成24年度第03回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成24年度第02回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成24年度第01回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成23年度第06回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成23年度第05回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成23年度第04回薬事委員会報告)
近畿中央病院採用・削除薬品 (平成23年度第03回薬事委員会報告)


製薬会社の方へ

製薬会社医療情報担当者の方へ
医薬品情報提供 (PR許可) をご希望の場合は、以下の書類を添えて薬剤部薬品情報室へ提出して下さい。
医薬品情報資料提出について
医薬品情報資料①
医薬品情報資料②


治験依頼者の方へ
当院で治験を希望される場合には、下記の治験管理室ホームページから必要書類をダウンロードして提出してください。

治験管理室へ


 

 

診療実績 / 統計


薬剤管理指導回数

H24年度 H25年度 H26年度 H27年度
指導患者数 9,595 10,107 9,810 10,148
指導回数 22,437 23,276 20,595 20,625
1ヶ月平均指導患者数 800 842 818 846
1ヶ月平均指導回数 1,870 1,940 1,716 1,719
1ヶ月患者1人平均指導回数 2.3 2.3 2.1 2.0



化学療法調剤件数

H24年度 H25年度 H26年度 H27年度
患者数 (人) 2,378 2,529 2,278 2,116
調製本数 (本) 4,564 4,910 4,436 3,874



▲ページトップ

スタッフ紹介

名前 (ふりがな) 南波 勝栄(なんば かつえ)
役職 薬剤部長
専門分野 治験・医療事故防止・感染制御
学会専門医・
認定医
日本医療薬学会認定薬剤師
日本病院薬剤師会感染制御専門認定薬剤師
治験コーディネーター養成研修修了

名前 (ふりがな) 福田 英克(ふくだ ひでかつ)
役職 副薬剤部長
専門分野 医療情報
学会専門医・
認定医
医療情報学会医療情報技師

名前 (ふりがな) その他(そのた)
役職 他、常勤薬剤師19名

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは