HOME > 診療科紹介 > メンタルヘルスケアセンター

医療関係の方へ

メンタルヘルスケアセンター





メンタルヘルスケアセンターは平成15年9月に開設されました。
もともとは、教職員の職域病院としてメンタルヘルス対策事業を実施することを目的としていましたが、現在では一般の
方にもご利用いただける、自費カウンセリンググループセラピーも行っています。
職域病院として、休職中の公立学校教員を対象とした職場復帰支援(リワーク支援)プログラムに取り組んでいます。

スタッフは心療内科の医師、臨床心理士が兼任しています。



セミナー開催のお知らせ


教師のためのメンタルヘルスセミナー2017


教員のメンタルヘルスをサポートするためのセミナーを2017年8月3日に開催します。

いろいろなプログラムを体験して、メンタル面で健康に過ごすヒントを得ていただければと思います。

参加を希望される方は、「ご案内」を確認していただき、「申込用紙」をご記入の上、郵送にてお申込みください。


心のホッとステップ講座 (全4回)


精神疾患で休業中の教員の方を対象に、療養中の過ごし方や、復職に向けての気持ちの持ち方などについて考えていただけるセミナーを企画しました。

病状改善やストレス軽減のためのヒントを得る機会としてお役立てください。

参加を希望される方は 「ご案内」 を確認していただき、 「申し込み用紙」 をご記入の上、郵送にてお申込みください。 1

1

アピールポイント


 

 

公立学校共済組合員の方を対象としたもの

メンタルヘルス相談

対象 公立学校共済組合員、被扶養者
料金

無料 (公立学校共済組合が負担します) 組合員と被扶養者の方を対象に、臨床心理士が、心の悩みについて面談での相談を実施しています。
心の健康に不安を感じているけれども、ご自分の状態をどう考えていいかわからない方の相談にのっています。

公立学校共済組合の事業ですので、お一人のご利用回数には限りがあります。

診察ではありませんので、お薬を出したり診断書を出したりはできません。

治療が必要と考えられる方には専門医への受診をお勧めしています。

遠方の方には人間ドック受診時の相談予約も受け付けています。

プライバシーの保護を心がけています。ご相談の内容がほかの方に知られる心配は全くありませんので、安心してお問い合わせください。

申し込み方法

受付 : 平日13時~17時に電話で予約を受け付けています。

電話 : メンタルヘルス相談受付 072-781-3712 (内線244)

※お電話いただく際、「メンタルヘルス相談」とお伝えください。





職場復帰支援プログラム(職場復帰トレーニング/リワーク支援プログラム)

休業中の公立学校教員を対象とした職場復帰支援プログラムを行っております。
職域病院におけるメンタルヘルス事業の柱として取り組んでいます。
自治体により、名称が異なります。
※詳細は職場復帰支援プログラムをご覧ください。

 

メンタルヘルス・ストレスチェック

当院の人間ドック (宿泊) のオプションとして、心の健康度チェックを実施しています。

臨床心理士が評価をして健康・要注意・要受診の3段階評価と、健康に過ごすためのアドバイスを添えて、後日郵送にてお返ししています。

人間ドック



啓発活動

依頼を受けて、管理職や養護教諭などのメンタルヘルス実践研修などの講演を行い、心の病気や健康についての
正しい知識と対応をお話しています。 (業務多忙のため支障のない範囲でお受けしています。)



一般の方にもご利用いただけるもの


自費カウンセリング (一般の方もご利用いただけます)

職場のストレスや不適応感、人間関係上の悩み、性格上の問題、親子・夫婦関係などの家庭内の問題、自分をみつめなおしたい…といった悩みをお持ちの方に受けていただくカウンセリングです。
対 象 : 公立学校共済組合員ではない方もご利用いただけます。
料 金 :

4,000円(税別) (1回 50分)


ご相談内容や申込み手続きは コチラのパンフレット をご覧ください。

手続きの流れ


グループセラピー (一般の方もご利用いただけます)

精神科医、臨床心理士によるグループセラピーを行っています。
公立学校共済組合員以外の方も、ご参加いただけます。

対象

人間関係上の悩み、性格上の問題、親子・夫婦関係などの問題、職場のストレスや 不適応感、心身症状を抱えている、自分をもっと見つめなおしたい・・・
といった悩みをお持ちの方

目的

セラピーに参加して、言葉で気持ちを自由に表現することで、自分についての理解が進み、生きやすくなることを目的としています。

日時、期間など

毎週水曜日 午前10時~11時30分(1回90分)
参加者は、5~10名の固定メンバーです。(定員あり)。
毎週同じ時間に、同じ場所で、同じ参加者が参加します。
原則的には、年単位で継続参加していただいてこそ効果がありますが、抱えておられる事柄によって、参加期間は異なります。

料金

1回あたり 2,000円(自費、消費税別)

お問い合わせ

心療内科外来 (担当:岡田、井上)
電話 : 072-781-3712 (内線244、250)

※お電話いただく際、「グループセラピーについて」とお伝えください。
まずは事前面談させていただき、ご参加いただけるかどうかについて
ご本人にお伝えします。


グループセラピーのご案内

休業中の公立学校教員を対象とした職場復帰支援(リワーク支援)プログラム


教職員の皆さまの職域病院としてメンタルヘルス事業に取り組んでいます。

その柱として、教育委員会 (兵庫県・大阪府・神戸市・堺市・京都府) からの委託を受けて、休職中の教員に対する職場復帰支援プログラム(リワーク支援プログラム)を本格的に実施しています。
終了後、次年度4月1日までに参加者の約77%の方 (平成27年4月1日現在) が職場復帰を果たしています。

--------------------------------------

プレリワークプログラム (兵庫県の方のみ)

療養者同士で交流し、療養中の過ごし方などを考えるプログラムです。

実施時期:5月上旬~7月上旬 火曜午後 隔週5回の実施

-------------------------------------

フォローアッププログラム (兵庫県・神戸市の方のみ)

復帰後のサポートプログラムです。職専免にてご参加いただけます。

実施時期:4月下旬~7月下旬 金曜午後 隔週7回の実施

スムーズな復帰、再休職防止のために

「やっていけそうだ」という実感を高めます。
教師という仕事のやりがいを再認識し、もう一度やってみたいという気持ちを高めます。
必要な環境調整について検討します。



プログラム内容

集団精神療法、模擬授業、各種グループワークなど多彩なメニューを用意しています。

1クールは、約3ヶ月間です。
事前面談後、決定した10名程度の固定メンバーで行います。
年間3グループ実施しています。(兵庫県は2グループ)
原則として、1教員につき、1回のみ参加可能です。
週2回 (9:30~15:30) 近畿中央病院で行います。
大阪府中心グループ(月・木) / 兵庫県中心グループ (火・金)
 
参加者の感想より


自分ひとりが悩んでいるのではないことがわかり、罪悪感から解放された。

今まで自分を責めすぎていた。
集団精神療法を通して、自分の問題を冷静に見つめられるようになった。

こうあらねばならないという縛りに捉われていた。
今度はもっと自分らしく教師をやってみようと思う。

いろいろな学校に勤務する教師の授業をみる ことで、“教えること”の新たな意義を見出した。


集団精神療法

心の中を広く深く見つめ、語り合う時間です。
気持ちや体験を語り、仲間と交流する中で、孤独感や罪悪感から解放される方も多くいらっしゃいます。
気持ちを言葉にしたり、ご自身の問題について冷静に見直すなど、自分らしさを取り戻し、再発防止の手掛かりを得るきっかけとしていただけます。

模擬授業

ロールプレイ形式で授業を行います。
研究授業ではなく、教師役を2回、他の回は生徒役として模擬的に授業を実施します。
授業の準備をしたり、教師役・生徒役として授業に参加することで、どのような気持ちになるかを体験したり、体力的・精神的にどの程度疲れるかを確認することを目的としています。
教師経験のある講師も招聘し、当プログラムの目的にそってアドバイスをいただいています。

各種グループワーク

午後からはストレスコントロールに役立つグループワークを取り入れています。
ワークを通して、メンバー間の親密性を高め、信頼関係を築くとともに、自己理解を深めたり、楽しむ感覚を取り戻してもらうことを目的としています。
プログラムは、親睦ゲームに始まり、芸術療法、健康運動指導士によるリラクゼーション・ストレッチ、講師を招いての陶芸、音楽などを予定しています。
対人場面のロールプレイングも実施します。

 


プログラムを通して、事情は違えど心の問題のために休職せざるをえなくなった方同士、交流していただけます。



手続きについて

対象は兵庫県、大阪府 (大阪市除く) 、神戸市、堺市、京都府の公立学校教員で、現在精神的な疲れにて休業中の方です。
参加希望の方はまず、かかりつけの主治医の先生にご相談ください。
ある程度症状が軽快してこそ効果がありますので、主治医の承諾が必要となります。
参加申込書は所属の学校長のもとにあります。
この申込書は、主治医および学校長の同意書を添えて教育委員会に提出することになりますので、まずは学校長に連絡をしてください。
当院にて事前面談を行います。
面談の結果、参加が適切と思われる方に、学校長を通じて連絡が届きます。

その他、お問い合わせは、近畿中央病院 心療内科まで
電話 : 072 (781) 3712 内線244
月~金 (午後13時~17時) です。

 


 

 

 

▲ページトップ

スタッフ紹介

名前 (ふりがな) 山村 周平(やまむら しゅうへい)
役職 部長
専門分野 精神科
学会専門医・
認定医
日本精神神経学会指導医 ・ 専門医
精神保健指定医
緩和ケア研修会 -PEACE プロジェクト大阪2013- 修了
第117回臨床研修指導医養成講習会修了

名前 (ふりがな) 井上 麻紀(いのうえ まき)
役職 副センター長 / 主任心理療法士
専門分野 臨床心理学
学会専門医・
認定医
臨床心理士
日本集団精神療法学会認定グループサイコセラピスト

名前 (ふりがな) 大久保 美和子(おおくぼ みわこ)
役職 主任臨床心理士
専門分野 臨床心理学
学会専門医・
認定医
臨床心理士

名前 (ふりがな) 七里 亜衣子(しちり あいこ)
役職 臨床心理士
専門分野 臨床心理学
学会専門医・
認定医
臨床心理士

名前 (ふりがな) 村井 ゆず子(むらい ゆずこ)
役職 臨床心理士
専門分野 臨床心理学
学会専門医・
認定医
臨床心理士

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは