新着情報

HOME > 看護部紹介 > 看護部について

看護部紹介

看護部について

看護部長あいさつ

看護部長 前田 正美 私たちは、病院理念である「職域と地域に応える信頼の医療」を提供するために、看護部理念を「知性あるやさしさで、その人らしさを大切に最善の健康支援をすること」とし、患者様に思いやりの心を持って、日々看護ケアを行っています。
患者さまに深い思いやりの「こころ」を持って看護を提供するためには、看護職員も「こころ」が豊かであることが大切であり、そのための職場環境整備にも力を入れています。
また、患者さまに安全で適切な看護を提供するためには、看護実践能力の向上、すなわち「技(わざ)」を磨くことが必要で、そのための様々な研修企画があります。研修とOJTを経て学習を深めていく教育環境の整備にも力を入れています。
「こころ」と「技(わざ)」の双方を磨くことが、『ひと』である患者さまを看護するうえで大切なことで、そして自分自身も『ひと』として成長すると考えています。
看護の専門性を高めるため、クリカルラダー制をとり、院内でのクリニカルラダー別研修プログラムは充実しています。また院内に限らず、一人1研修の院外への研修参加も推進しており、看護師個々にキャリアアップを図れる環境整備をしています。
認定看護師・専門看護師は院内で横断的に活動しており、また、各部署でジェネラリストとして活躍している先輩ナース、子育て中の先輩ナースなど、キャリアを描くうえでのモデルも大勢いますので、自身の働き方を考える上でも非常に参考になります。
看護の質向上と働きがいのある職場つくりを目指し、近畿中央病院を利用される全ての患者さまから応援・評価していただけるよう頑張っています。
「看護が楽しい、看護師になってよかった」と思える病院にしたいと思っています。

看護部理念

知性ある優しさで、最善の健康生活を支援します。|看護の専門性を高め、早期回復への支援をします。|個性を尊重し倫理的配慮をもって、その人らしさを大切にします。

体制について

看護体制 7:1看護体制
看護方式:各部署で対応 固定チーム看護継続受け持ち方式
(一部チーム内モジュール型)
勤務体制 病棟:完全2交替制
外来・透析室:通常日勤
中央手術室・検査救急棟:変則勤務

組織図