新着情報

HOME > 看護部紹介 > こんな活動しています

看護部紹介

こんな活動しています

専門分野の活動

緩和ケア

患者さまの身体や気持ちのつらさを和らげ生活の質を保てるよう支援します。

緩和ケア認定看護師 小森麻貴子

がんと告げられた時から緩和ケアは始まります。その経過の中で、患者さまの意思を大切に、その人らしく過ごせるようにスタッフと協働し、ケアを提供しています。
緩和ケアとは、病気によるからだ・気もち・生活のつらさに対して早い段階からアプローチして、つらさを和らげ生活の質を向上させるためのケアです。がん拠点病院における緩和ケア看護師として、がんと診断された時、抗がん治療中、治療終了後、時期に関わらずサポートをします。その人らしく過ごせるよう多職種と協働し患者の意思を大切にした関わりを行っています。


感染管理

Infection Control Team(院内感染対策チーム)の一員として感染管理活動を行っています。その対象は、患者さまだけでなく面会者や来訪者の皆さま、そして職員も含みます。

感染管理認定看護師 上野一枝

主な活動として院内感染サーベイランス・感染管理教育・コンサルテーションなどがあり、各看護単位で選出された感染リンクナースと協働して現場の問題解決にあたります。


皮膚・排泄ケア

皮膚・排泄ケア認定看護師を一言で言うとスキンケアと排泄ケアの専門家です。活動として創傷(床ずれや手術の傷など)、ストーマ(人工肛門や人工膀胱)、失禁(尿や便が漏れる)などの患者さまを対象に専門的なケアを提供しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 伊藤由実子

スキンケアや排泄ケアは日常的に行なわれるものであり、欠くことのできない看護の基本となるものです。専門的なケアによって患者さま・ご家族の皆さまによりよい生活を過ごしていただけることを願い、医師や看護師そしてさまざまな医療従業者と協力し、活動しています。


不妊症看護

不妊症夫婦は、10組から8組に1組へと増加傾向にあります。不妊検査から治療、そして不妊相談を、不妊症夫婦に応じた形で医師と認定看護師が協働で提供しています。

不妊症看護認定看護師 石岡伸子

不妊治療は成果が不確かなため、身体的・精神的・経済的に辛いものになっています。身体的・精神的なサポートをするために、毎週木曜に午後2時から4時まで無料不妊相談を行っています(予約制)。子どもが欲しいのにできないと悩んでいる人はまず相談にお越しください。


がん化学療法看護

近畿中央病院では、2名のがん化学療法看護認定看護師が、治療の選択、継続に関して患者さまの治療のサポートをしています。

がん化学療法看護認定看護師 澤村 美恵子
がん化学療法看護認定看護師 福田 真由美

がん化学療法看護認定看護師の役割として、患者さまに化学療法についての基礎知識や情報提供をしたり、不安や疑問をお聞きしたり、副作用への対応など、安全・安楽に治療を受けられるようお手伝いしています。また、看護師に対しての勉強会や医師や薬剤師などとも協力し、医療チームとしてよりよい治療環境を整える努力を行っています。安全・安楽な治療環境の提供やより専門的な看護を目指し、患者さんと一緒に考え、支えていけるようにしたいと考えています。

救急看護

災害を含めた救急医療現場における看護の実践を担っています。

救急看護認定看護師 新地 博晃

当院は二次救急告示病院であり、地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院です。そのため、地域で生活されている方の体調が悪化した場合には積極的に受け入れ救急医療を提供しています。救急医療現場ではあらゆる治療が短時間で施され、不安を抱えた状態で治療を受けることがあります。不安や苦痛が少なく、安心して救急医療を受けることができるように、治療を受けることができるように、治療を受けられる方の気持ちに寄り添いながら日々活動しています。


看護部の取り組み

毎年、看護の日には患者さまに参加していただけるイベントを企画しています。また、近隣の中学校より、職場体験「トライやる・ウィーク」の受け入れを複数校行っています。

看護の日

ナイチンゲールが生まれた日から、1週間を「看護週間」とし、「看護の日」のイベントを行っています。


▲ページトップ