先輩ナースの声

HOME > 先輩ナースの声 > インタビュー [主任ナースマン]

先輩ナースの声

インタビュー

所属:病棟 主任看護師 新地 博晃

看護師になったのは、“直接自分のこの手で”

就職を意識しはじめた頃、ふと「僕って、人の役に立てるんだろうか」って考えることがありました。役に立つ仕事ってたくさんあるんだろうけど、僕はその中でも、“直接自分のこの手で”できることがしたいって思ったんですよね。それで医療業界に進もうと決めたんです。その中でも、放射線技師、検査技師、リハビリとか、いろいろある中で看護師を選んだのは、患者さんに一番近い距離で仕事ができるんじゃないかって思ったからです。看護師になって10年以上が経って、何度か「やめようかな」って思ったこともありました。やっぱりハードだし、生死に関わることなので、大きなプレッシャーを感じてしまうこともありますから。でもつらいときには、いつも原点に戻るようにしてるんです。もともと看護師になりたいって思った頃の、「人の役に立ちたい」という想いですね。僕が関わることで、患者さんの身体が良くなって、気分が良くなって、そういう良い方向に変化があると、モチベーションになるんですよね。スタッフに対しても同じで、自分がそういう想いを持って接していると、不思議と周りの人が僕を支えてくれるんです。それに、そういう環境にいられること自体が、僕にとってすごい力になっていると思います。

毎日いっしょに働くスタッフへの心配り。それは、主任として、僕に与えられた使命なんです。

去年から認定看護師である主任とハイケアユニット(HCU)を立ち上げることになりました。ハイケアユニット(HCU)というと、集中治療室(ICU)と一般病棟の間に位置するところで、もともと当院にもそれに似た「回復室」というものがあったんです。今、当院自体が救急搬送の受け入れに力をいれていることもあり、そこの体制をもっと質の高いものに変えていく方針に変わりました。ハイケアユニット(HCU)ができたことで、今まで以上に重度の患者さんを受け入れることになる。同時に脳外科が設立されたタイミングだったので、一から脳外科を勉強して、対応をして・・・って、当時は正直すごく大変でした。今年から本格的にハイケアユニット(HCU)が始動するんですけど、僕はそこで主任をさせていただくことになっています。たくさんの人たちが携わることになるので、そのぶん責任もついてくるし、関わるスタッフのフォローやケアもしっかりしていきたいと思っています。とくにこのプロジェクトに初めて関わる人にとっては、精神的にも体力的にもつらい部分がたくさんあると思うんです。僕はそんな人たちに「ここにきてよかった!」とやりがいを感じてもらいたい、それが僕に与えられた使命だと思うんですよね。

それぞれが専門家として意見できる環境が、この病院にはあるんです。

いっしょに働くスタッフにチームワークが生まれて、いろんなことが上手く回り始めると、患者さんにも、よりいい医療が提供できると思うんですよね。
医療現場では、それぞれの専門家が自分にしかできないことを自ら発信し、その意見を共有し、行動するという、意思決定のプロセスが強く求められます。そのためには、スタッフ同士、話しやすかったり、関わりやすかったり、お互いに意見しやすいというのは、とても大切なことだと思います。人の生死に関わる現場で、誰が一番ということもないから、どこにも負けないチームワークをつくることが患者さんを救うことにつながるのだと考えています。