HOME > 医療関係の方へ > 地域連携パス

医療関係の方へ

地域連携パス

当院では、より良い医療を患者さまに提供するために、病院とかかりつけ医との連携強化ツールとして「地域連携パス」を活用しています。

がん 地域連携パス

当院は、兵庫県がん診療連携協議会に属しています。また、国が指定する地域がん診療連携拠点病院として、5大がん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん)、前立腺がんの地域連携パスの整備を行っています。

地域がん診療連携拠点病院

がんの地域連携パスとは・・・

病院とかかりつけ医との役割分担表、地域連携診療計画表および患者用診療計画表から構成される、がん患者に対する診療全体を体系化したものをいいます。具体的には当院で治療をされた患者さんの術後の経過観察を、当院とかかりつけの診療所とで、役割を分担して行うというものです。

がん地域連携パス活用のメリット・・・

この「地域連携パス」を活用することで、地域のかかりつけ医とがん診療連携拠点病院とが協力して情報交換を行い、安心で質の高い医療を提供する体制を構築することを目指しています。
また、患者さまにとっては、ご自身の治療計画や経過の把握、かかりつけ医の手厚い診療による不安の解消にもつながります。

当院の状況・・・

当院では、平成22年度より「がん診療における地域連携パス」兵庫県統一版を活用し、術後の比較的病床が安定している患者さまに、パスを用いた経過観察をお願いしています。
平成23年度からは、阪神圏域の7ケ所のがん診療連携拠点病院、医師会および保健所等により構成された阪神圏域がん診療連携協議会(※1)に属し、幅広いネットワークのもと、「がん診療地域連携パス」の普及に努めています。

(※1)阪神圏域がん地域連携パス連絡協議会のメンバー
西宮市医師会、芦屋市医師会、尼崎市医師会、宝塚市医師会、伊丹市医師会、川西市医師会、三田市医師会、兵庫医科大学病院、関西労災病院、兵庫県立尼崎病院、兵庫県立西宮病院、西宮市立中央病院、明和病院、近畿中央病院、市立伊丹病院、宝塚市立病院、市立川西病院、三田市民病院、兵庫中央病院、芦屋健康福祉事務所、西宮市保健所、尼崎市保健所、宝塚健康福祉事務所、伊丹健康福祉事務所

「がん地域連携パス」の趣旨にご賛同いただき、ネットワークへの参加をご希望される医療機関の方は
事務局(地域医療係072-781-0155)
までご連絡ください。
ぜひ、がん地域連携パスの活用にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

詳しくは、兵庫県がん診療連携協議会(兵庫県がん地域連携パス)ホームページをご覧ください。
※必要な書類がダウンロードできます。
http://www.hyogo-ganshinryo.jp/critical_path/index.html

地域連携パス登録医療機関リスト

地域医療連携パス(大腿骨頚部骨折、脳卒中)

大腿骨頚部骨折や脳血管疾患は高齢者に多く、様々な基礎疾患をお持ちの場合も多いため治療終了後リハビリテーションに長期間要するケースも少なくありません。
一方、当院は急性期治療を要する患者さまの診療を使命としている病院のため、長期のリハビリテーション目的での入院はお引き受けすることができません。
そこでクリニカルパス(疾患ごとに治療のスケジュールを定めた計画書)を近隣の医療機関と共通化し(地域医療連携パス)、当院で治療をおこなった患者さまのリハビリテーションを当院と連携しているリハビリテーション専門病院へ転院の上おこなっていただくようにしております。
治療後病状が安定した時点でリハビリテーション専門病院に連絡を取り、調整がつき次第転院となります。また、リハビリテーション専門病院でのリハビリテーション終了後は自宅への退院が目標となります。
なお、人工透析が必要な慢性腎不全や重篤な身体合併症など一部疾患によっては地域医療連携パスの適応外となる場合もあります。

その他の地域連携パス

当院では、その他、以下の地域連携パスを活用し、かかりつけ医との連携を推進しています。

  • 肝炎インターフェロン地域連携パス

関連コンテンツ

  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院
  • 近中NOW
  • セカンドオピニオン
  • 治験へのご協力をお願いいたします。