HOME > ご来院の方へ > 倫理委員会

ご来院の方へ

平成27年度 公立学校共済組合近畿中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 323 94 158 281 478 624 1571 2370 1561 293
退院した患者さんについて、10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢階級は90歳以上を1つの階級として集計しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 236 14.28 14.34 1.69 71.33
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 154 3.27 3.07 1.95 72.44
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 113 19.97 15.35 1.77 65.27
DPCは、入院患者さんの病気と治療方法(手術や処置など)によって分類されます。
DPCコードとは、入院期間中に医療資源(注射、投薬など)を最も費やした疾患について診断群分類(DPC)に基づき分類し、14桁でコード化されているうち、6桁目までが病名による分類を表しています。
ここでは、各診療科別の診断群分類について集計し、各診療科の症例数上位3つを表示しています。

※内科は、呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・免疫内科・内分泌内科・腎臓内科を含む。
※短期滞在手術等基本料3(内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除)は除外されます。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 17.57 15.80 30.00 73.57
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 副傷病なし 17 13.53 19.87 0.00 41.76
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 14 23.07 18.08 42.86 72.21
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx1x 下気道感染症(その他) 副傷病あり 58 5.95 11.77 1.72 2.91
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 31 5.19 5.54 0.00 2.00
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 27 5.48 5.72 0.00 2.70
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 54 5.26 6.96 0.00 57.69
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 47 7.96 6.79 0.00 58.85
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 42 6.12 7.84 0.00 59.90
※短期滞在手術等基本料3(ヘルニア手術)は除外されます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 66 32.61 28.70 83.33 82.85
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 副傷病なし 17 3.65 4.37 0.00 44.06
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 16 30.56 27.21 12.50 76.31
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 70 8.10 8.97 0.00 68.81
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 34 13.71 11.97 0.00 74.24
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.64 - -
※10件未満の件数は「‐」で表示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 69 11.48 7.59 0.00 75.61
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 48 8.23 5.91 2.08 62.15
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 23 10.39 12.60 8.70 67.17
※短期滞在手術等基本料3(前立腺生検)は除外されます。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 3.50 6.17 2.00 0.00
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 36 10.42 10.18 0.00 44.47
120140xxxxxxxx 流産 25 2.04 2.34 0.00 35.32
※短期滞在手術等基本料3(子宮頸部(腟部)切除術)は除外されます。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 65 7.57 7.99 0.00 68.65
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 46 13.02 11.08 0.00 55.78
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 31 2.00 3.54 0.00 77.68
※短期滞在手術等基本料3(水晶体再建術)は除外されます。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 45 6.22 5.53 0.00 41.04
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 31 5.32 5.31 0.00 67.35
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 30 9.00 8.20 0.00 15.13
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 8.32 10.02 0.00 79.74
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 17 25.71 18.08 23.53 76.24
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 9.40 7.52 13.33 71.60
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 副傷病なし 26 6.15 3.46 0.00 61.58
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 19 2.32 3.54 0.00 68.05
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 5.12 - -
※10件未満の件数は「‐」で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 39 13 19 26 - 20 1 7
大腸癌 - 23 21 17 21 - 1 7
乳癌 23 41 - - - - 1 7
肺癌 32 13 21 77 46 32 1 7
肝癌 10 - - - - 52 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
UICC病期分類とは国際がん連合(UICC)によって定められた、①原発巣(癌が最初に発生した場所にある病巣のこと)の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔移転の有無の3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類したものです。
※10件未満の件数は「‐」で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 56 9.86 53.09
重症度 1 69 14.83 76.54
重症度 2 51 17.14 80.33
重症度 3 26 19.31 80.08
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に集計しています。
この指標では、細菌による肺炎を集計しており、ウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による誤嚥性肺炎、気管支炎などは集計対象外となっています。
重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
※10件未満の件数は「‐」で表示しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 3.91 71.55 8.33
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 100 25.45 74.78 27.35
その他 17 26.35 74.82 6.84
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 15 7.00 75.80 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
ICD10コードとは、国際疾病分類(ICD10)に基づき傷病名を分類したコードになります。
※10件未満の件数は「‐」で表示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 結腸ポリープ・粘膜切除術(2㎝未満) 214 0.28 1.57 0.47 67.86
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 78 3.14 6.90 2.56 71.37
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 39 1.74 10.08 0.00 73.97
Kコードとは、手術術式を分類しているコードになります。
名称は、Kコードで分類された手術術式の名称を表しており、Kコードが同一でも部位が異なれば各々で集計しています。
ここでは、各診療科別の診断群分類について集計し、各診療科の症例数上位3つを表示しています。

※内科は、呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・免疫内科・内分泌内科・腎臓内科を含む。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K681 胆嚢外瘻造設術 - - - - -
K664 胃瘻造設術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
※医療資源を最も投入した傷病の担当医が所属する診療科のため、手術を実施した診療科ではありません。
※10件未満の件数は「‐」で表示しています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※医療資源を最も投入した傷病の担当医が所属する診療科のため、手術を実施した診療科ではありません。
※10件未満の件数は「‐」で表示しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 117 1.02 2.30 0.00 65.75
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 109 2.15 3.28 0.00 60.63
K4762 乳腺悪性腫瘍(部分切除,腋窩部郭清を伴わない) 47 1.85 5.11 0.00 58.85
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕) 50 3.26 27.82 66.00 79.60
K0462 骨折観血的手術(下腿) 30 2.63 20.97 6.67 58.90
K0811 人工骨頭挿入術(肩) 28 4.25 25.61 82.14 82.25
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
※10件未満の件数は「‐」で表示しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 69 2.22 8.09 0.00 75.74
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 26 2.15 4.77 0.00 62.50
K7812 経尿道的尿路結石除去術 その他のもの 24 2.46 5.33 4.17 62.83
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 47 1.72 8.70 0.00 47.66
K867 子宮頸部(腟部)切除術 31 0.03 1.00 0.00 41.97
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 24 1.00 0.00 0.00 35.42
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 1093 0.01 1.04 0.00 75.25
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 160 0.66 7.86 0.00 65.44
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 20 0.00 1.00 0.00 77.7
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 49 1.33 6.96 0.00 19.16
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)) 18 2.33 6.33 0.00 64.44
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡) 10 1.60 3.00 0.00 51.20
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 19 2.68 10.63 5.26 77.89
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 10 6.00 21.90 0.00 63.70
K1781 脳血管内手術 1箇所 - - - - -
※10件未満の件数は「‐」で表示しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-2 大伏在静脈抜去術 25 1.08 4.24 0.00 61.40
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 13 0.00 1.38 0.00 68.00
K6171 下肢静脈瘤手術 抜去切除術 - - - - -
※10件未満の件数は「‐」で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 13 0.17
180010 敗血症 同一 15 0.19
異なる 23 0.30
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 26 0.34
異なる 10 0.13
※手術・処置等の合併症の傷病名の内訳
 →手術・処置等の合併症(同一)
 ・処置に合併する出血及び血腫,他に分類されないもの
 ・処置中の又はその結果によるショック,他に分類されないもの
 ・手術創の離開,他に分類されないもの
 ・処置に続発する感染症,他に分類されないもの
 ・処置のその他の合併症,他に分類されないもの
 ・その他の心臓及び血管の人工器具,挿入物及び移植片による感染症及び炎症性反応
 ・体内関節プロステーシスの機械的合併症
 ・眼内レンズの機械的合併症
  →手術・処置等の合併症(異なる)
 ・処置に合併する出血及び血腫,他に分類されないもの
 ・処置中の又はその結果によるショック,他に分類されないもの
 ・処置中の不慮の穿刺及び裂傷,他に分類されないもの
 ・処置に続発する感染症,他に分類されないもの
 ・心臓及び血管のプロステーシス,挿入物及び移植片のその他の合併症
 ・尿路系プロステーシス,挿入物及び移植片による感染症及び炎症性反応
 ・適正に投与された正しい薬物及び薬剤の有害作用によるアナフィラキシーショック
※10件未満の件数は「‐」で表示しています。
更新履歴
2016/09/21
平成27年度 公立学校共済組合近畿中央病院 病院指標 作成

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう。|かかりつけ医をもつことで的確な診察・健康相談などを行うことが可能です。
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは
  • 治験へのご協力をお願いいたします。