HOME > ご来院の方へ > 入院について > 手続きと準備

ご来院の方へ

入院について

入院手続き・準備

入院前の手続き

医師から入院指示を受けたら
  • 外来診療科で調査票「入院される皆さまへ」をお渡しします。 調査票をご記入の上、入院当日、病棟の看護師にご提出ください。

    入院される皆さまへ

  • 1階入院受付で必要書類(「入院のご案内」「入院申込書」等)をお渡しします。

有料個室(特別療養環境室)
  • 一般病室の他に有料個室を設置しています。
  • 有料個室を希望される場合は1階入院受付にお申し出ください。ただし、ご希望に添えない場合もあります。
  • 入院中に有料個室を希望される場合、又は有料個室の利用を変更・中止されたい場合は、看護師長にお申し出ください。病室の空き状況により、ご希望に添えない場合や、すぐに対応できない場合もあります。
  • 有料個室の料金は健康保険適用の対象外のため、全額が患者さまのご負担になります。
  • 有料個室の料金は下記に基づき計算します。
    ※午前0時を起点に日数計算します。(例:1泊2日のご利用の場合、料金は2日分になります。)
    ※時間割の計算はしていません。1日単位で計算します。
    ※同日内に部屋を移動された場合は、変更後の部屋の料金で計算します。
    ※外泊時も料金は発生します。
  • 他の患者さまの病状等により有料個室の利用を変更・中止していただくことがあります。
4タイプの個室をご用意しています。
特別室
個室A
個室B
個室C

部屋タイプ 特別室 個室A 個室B 個室C
1日あたり料金(税込)
(公共組合員料金※1)
20,520円
(10,260円)
10,260円
(5,130円)
8,208円
(4,104円)
7,236円
(3,618円)
病室数 3階西 1室 4室   3室
4階東 1室 2室    
4階西 1室 2室   6室
5階東 1室 4室    
5階西 1室 4室    
6階東 1室 2室 2室 2室
6階西 1室 4室    
設備 電動ベッド
ソファ
テーブル・椅子
床頭台
テレビ
DVDプレーヤー      
冷蔵庫
エアコン
電話※2  
ユニットバス      
トイレ    
洗面台
流し台      
ポット      
  • ※1 公立学校共済組合員及び被扶養者は、括弧内の公共組合員料金となります。
       その他の組合員優遇制度については「公立学校共済組合員の皆さま」をご覧ください。
  • ※2 電話をかける際は、テレビカードが必要です。
入院日の変更・取り消し
  • 入院日の変更又は入院の取り消しをされる場合は、診療科までお早めにご連絡ください。
  • 入院当日、やむを得ない理由で入院時刻に遅れる場合は、入院される病棟にお電話ください。
入院費用の概算
  • 入院費用の概算については、1階入院係(コンビニエンスストア前)にお問い合わせください。
    治療内容等の詳細が決まっていない段階では、お答えできない場合があります。

▲ページトップ

入院までに準備するもの

入院療養に専念していただくため、持ち物は必要最小限にしてください。

現在服用中のお薬・お薬手帳
  • 入院治療を安全に行うために、患者さまがお持ちのお薬の確認をしています。
    お飲みになっているお薬・お使いになっているお薬をお持ちください。
  • お薬手帳や病院・薬局からのお薬の説明書等もあれば一緒にお持ちください。
日用品等(必要に応じてご用意ください)
  • 衣類(寝巻き又はパジャマ、下着)
  • 上履き ※転倒防止のため、上履きは滑ったりしないものを使用してください。
  • 洗面用品(歯磨き、ひげそり{電気シェーバー・安全カミソリ}、くし、タオル、バスタオル、石鹸、シャンプー、リンス等)
  • 食事用品(箸、スプーン、フォーク、コップ、湯呑み、水筒等)
  • 衛生用品(テッシュペーパー、ウェットテッシュ、生理用品、ゴミ袋等)
  • その他(筆記用具、印鑑、イヤホン(一般病室でのテレビ視聴)等)
  • ※記載品目のうちパジャマ、印鑑以外は院内の1階コンビニエンスストアでご購入いただけます。
  • ※緊急入院等で寝巻きをご用意できない場合は、病院指定の寝巻き「1枚154円(税込)」をお貸しします。
      なお手術等の際に着用いただく病衣については患者さまの費用負担はありません。

持ち物についての注意事項

入院療養に必要でないもの、妨げになるものは持ち込まないでください。

貴重品(多額の現金や貴金属等)
  • 盗難防止の観点より病院に持ち込まないようにお願いします。
    ※貴重品等の盗難・紛失につきましては、当院は一切責任を負いませんのでご了承ください。
電化製品
  • 生活用品(電気シェーバー、ドライヤー等)以外の電化製品の持ち込みはご遠慮ください。
    事情により電化製品の持ち込みを希望される場合は、病棟師長にご相談ください。
  • 携帯電話は談話室等の指定場所で使用し、他の患者さまの迷惑にならないようお気をつけください。
    また入院中はマナーモードにし、夜間は電源をお切りください。
その他
  • 刃物類(ナイフ、剃刀{安全カミソリは可}、ハサミ等)、火器類(ライター、マッチ等)等の危険物や酒類、タバコ類は持ち込まないでください。
    ※敷地内は全面禁酒、禁煙です。
    ※アルコールフリー・ノンアルコール、電子タバコも持ち込まないでください。

▲ページトップ

入院当日の手続き

入院の受付を行います。指定された入院時刻(通常は午前10時)前に1階入院受付までお越しください。
10時前後は混み合うことが予想されますので、時間に余裕をもってお越しください。
※ 入院患者さまご自身による入院中の駐車場のご利用はご遠慮ください。
※ マニキュア、ネイルアート、つけ爪は入院診療の妨げになります。入院前に必ず落としてください。

入院受付にご提出いただくもの
  • 診察券
  • 入院申込書 ※ご提出されなかった場合、預り金をさせていただくことがあります。
  • 健康保険証又は高齢受給者証
限度額適用認定証(70歳未満で交付を受けている方)

病院に「限度額適用認定証」を提示することで、入院費用のお支払いが自己負担限度額までとなります。
限度額適用認定証は保険者が交付しますので、詳細はご加入の保険者にお問い合わせください。

自己負担限度額  ※食事代及び保険適用外(室料、文書料等)は含みません。

対象者 自己負担限度額(月額)
ア 年収約1,160万円以上
   健保:標準報酬月額83万円以上
   国保:年間所得901万円超
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
イ 年収約770万~約1,160万円
   健保:同53万~79万円
   国保:同600万~901万円
 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
ウ 年収約370万~約770万円
   健保:同28万~50万円
   国保:同210万~600万円
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
エ 年収約370万円以下
   健保:同26万円以下
   国保:同210万円以下
57,600円
オ 住民税非課税 35,400円

※組合員優遇制度については「公立学校共済組合員の皆さま」ページをご覧ください。

  • 医療受給者証(交付を受けている方)
標準負担額減額認定証(交付を受けている方)

病院に「標準負担額減額認定証」(70歳以上は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」)を提示することで、1食260円の食事代が、所得に応じて下表のとおりとなります。 標準負担額減額認定証(70歳以上は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」)は、保険者が交付しますので、詳細はご加入の保険者にお問い合わせください。

区分 1食あたりの食事代
70歳未満 70歳以上
市民税非課税世帯の方(90日までの入院) 210円 210円
市民税非課税世帯の方
(90日を超える入院(申請月から過去12ケ月間の入院日数)
160円 160円
老齢福祉年金を受けられている方 100円
  • 退院証明書(3ヶ月以内に他の医療機関に入院されていた方)

※入院中に健康保険証・医療受給者証等の変更があった場合、退職された場合、住所・電話番号・お名前等に変更が生じた場合は、速やかに1階入院受付にお申し出ください。

面会制限
  • 面会者の制限を希望される場合は、1階入院受付にお申し出ください。
入院の受付が終わりましたら
  • ファイルをお渡ししますので、入院される病棟までお上がりください。
  • お渡ししたファイルと調査票「入院される皆さまへ」を看護師にご提出ください。
    調査票「入院される皆さまへ」は、患者さまの入院療養生活の参考にさせていただきます。
  • 病棟にて入院オリエンテーション(病棟案内、入院生活の説明等)を行います。
  

関連コンテンツ

  • かかりつけ医を持ちましょう。|かかりつけ医をもつことで的確な診察・健康相談などを行うことが可能です。
  • 国が指定する地域のがん拠点病院です
  • 地域医療支援病院とは
  • 治験へのご協力をお願いいたします。