近中Now

トップ近中Now医療コラム不整脈とは

不整脈とは

2020.12.28

医療コラム

不整脈とは

脈のリズムがおかしくなったものを不整脈といいます。動悸や息切れ、胸痛などの自覚症状が出たり、失神や心不全、なかには突然死に至るものもあります。自覚症状が全く出ない不整脈もあります。

 

 

不整脈の種類

不整脈は大きく分けて3つの種類があり、①期外収縮、②頻脈、③徐脈があります。

① 期外収縮

  • 心房性期外収縮、心室性期外収縮

脈が急に飛んだり、ドキっとすることがあります。本来、正常に電気が流れる別の部分から電気刺激が発生し、心房筋や心室筋が興奮することにより脈が飛びます。経過観察で良いことが多いですが、症状が強かったり頻度が多い場合、薬剤治療やカテーテル治療が対象となることがあります。

 

② 頻脈

  • 洞性頻脈、発作性上室頻拍、心房細動、心房粗動、心室頻拍、心室細動、WPW症候群など

電気を作る洞結節という部分が、異常に興奮刺激を出しすぎてしまったり、通常の電気回路とは別の回路ができて、そこを電気がグルグル回ることにより起こります。脈が乱れるため動悸が出たり、脈が早すぎるため心臓が空打ちして脳に血流がうまく運べなくなり、失神することがあります。一部の頻脈では死に至ることもまれではありません。

 

洞性頻脈

電気を作る洞結節からの刺激が多くなることをいいます。この頻脈に対しては脈をゆっくりにする治療より、なぜ頻脈になっているか調べる必要があります。運動後、痛み、飲酒、カフェイン、不安など日常生活で起こるものや、脱水、発熱、感染症、貧血、低酸素状態、心不全、内分泌異常など病的なものまで様々な原因によって起こります。

 

発作性上室頻拍

洞性頻脈とは違って、病的に頻脈発作がでるものをいいます。心電図で診断できることがあり、薬物治療が良く効くこともあります。突然の動悸がよく自覚するけれど、病院に着くときには治まっているかたがよくいらっしゃいます。その場合は、ホルター心電図(24時間心電図検査)で調べることができます。発作性上室頻拍と診断に至った場合、カテーテルアブレーションという根治的治療を受けることもできます。

 

心房細動

心房という部分がブルブルと痙攣したように不規則に収縮します。このことから、心臓の機能が低下し、ときには生活に支障をきたすような症状があらわれることもあります。心房がブルブルと痙攣するような収縮のため、心房内で血液がよどんで「血栓(血の塊)」ができやすくなります。その血栓が血流に乗って脳の血管に移動した場合、脳の血管に血栓が詰まり脳梗塞が起こります。脳梗塞になると寝たきりなど、介護なしでは生活できないほどの重たい障害が残る場合や、また死に至る場合があります。脳梗塞を予防するため、抗凝固薬を飲む必要があります。心房細動は症状が出ないこともあり、無症状の人ほど病院に受診される頻度が下がるため、健康診断などで心電図を確認することが大事です。また、自分で脈をチェックすること(検脈)も有用とされています。

心房細動の治療は心不全を予防するために大事であり、薬物治療やカテーテルアブレーションを受けることができます。

 

心房粗動

心房細動と似ている不整脈ですが、心房が規則正しく震えるという点で異なります。心房粗動も脳梗塞になるおそれがあるため、抗凝固薬が必要となります。カテーテルアブレーションが非常に効果的とされています。

 

③ 徐脈

  • 洞不全症候群、房室ブロックなど

心臓の中で電気が作られなくなったり、その電気がうまく伝えられなくなることにより脈が遅くなります。心臓が脈打つ回数が少なくなるため、倦怠感や、脳に流れる血流が少なくなり失神が起こることがあります。何らかの疾患もしくは脈をゆっくりにする薬などによって起こることがあり、原因がわかればその治療を優先します。特に原因がない場合は、自然な老化現象により起こることが多く、その場合はペースメーカの植え込みが必要となることもあります。

 

洞不全症候群

電気を作る洞結節からの刺激が低下することにより、脈が遅くなります。

房室ブロック

心房と心室を連絡するつなぎ目の房室結節で、電気が伝わりにくくなり、脈が遅くなります。完全に脈が途絶してもかろうじて心臓が動いていることもあり、ペースメーカ治療を急ぐときもあります。

不整脈の検査

安静時12誘導心電図

最も一般的な検査であり、体の表面から心臓の電気の流れを調べます。ベッドの上で静かに寝て、心電図を記録します。不整脈や心筋障害の有無などを調べます。所要時間は1分間程度です。

 

ホルター心電図

24時間連続記録する心電図検査です。通常の心電図検査では検査できていない時間帯も検査する事ができます。1日分の心電図を記録するため、どのような不整脈がいつ、なにをしているときに起こるのかを調べることができます。

 

長時間心電図レコーダ

24時間のホルター心電図で不整脈が見つからない場合、この長時間心電図レコーダーで最大2週間分の心電図を記録することができます。パッチ型の電極を採用しておりケーブルはなく、25gと軽量であることが特徴です。また防水のため、入浴中も心電図を記録することができます。

 

植込み型ループレコーダー

皮膚の下に植え込むモニターであり、最大3年間の心電図を記録することができます。いつ起こるかわからない失神や、潜因性脳梗塞(原因が特定できない脳卒中)の原因の一つといわれる心房細動を見つけることができます。植え込みにかかる時間は、15分程度です。植え込んだあとは、定期的に外来で心電図を確認させていただきます。

 

運動負荷心電図

心電図をつけながらベルトの上を走る検査です。坂道を登る、急ぎ足で歩くといった日常生活の行動中に現れる動悸や息切れ、胸痛などの症状を再現し、その時の血圧、心電図変化を調べる検査です。また不整脈と診断された場合も、どの程度まで運動しても問題ないか確認することもできます。

 

ヘッドアップティルト試験

失神の原因の1つに自律神経の調節異常があり、この試験はその異常が起こりやすいかどうかを確認する検査です。検査台の上に横になってもらい、検査台を起こして他動的に傾斜をつけることで自律神経の働きを検査します。自律神経の調節異常がある場合には、血圧・脈拍の調節がうまくいかず、一時的に脳に栄養を送る血液が減少して失神が起こるため、その反応を確認します。

 

心臓電気生理学的検査

心臓の中に電極カテーテルを留置し、刺激伝導系といわれる心臓の電気の流れを調べる検査です。他の検査でも不整脈がはっきりしない場合に行います。

不整脈の治療

抗凝固薬

ワーファリン、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナなどの内服薬があります。主に、心房細動による脳梗塞や、深部静脈血栓症を予防・治療するために使用されます。心房細動による脳梗塞が起こるリスクを評価するための指標として、CHADS2スコアがあります。合計点が高いほど、脳梗塞のリスクが高まります。

 

抗不整脈薬

脈を遅くするものや、不整脈を正しい調律に戻すものなど様々な種類があります。不整脈があるからといって必ず内服する必要はありません。強い症状や、重篤な不整脈が出たときに使用されます。

 

カテーテルアブレーション

電気生理学的検査によって判明した異常な部位に、高周波電流を流すことで不整脈の根治を目指す治療法です。専用のカテーテルを足の付け根にある太い血管から入れ、そのカテーテルの先をレントゲンの透視で確認しながら心臓まで到達させます。電極がついているカテーテルを使い、心臓の中の異常な電気信号が発生しているところを見つけ、その部分を通電用のカテーテルを用いて焼灼を行います。

特に、肺静脈からの心房期外収縮をなくせば、約90%の心房細動は治療できるとされています。心房細動のアブレーションは、肺静脈から心臓に心房期外収縮が伝わらないようにするため、肺静脈の出口を連続的に焼灼する方法(拡大肺静脈隔離術)を用います。

 

アブレーションを正確に、安全に行うために当院ではCarto ®3という心臓マッピングシステムを導入しています。カテーテルが心臓のどの部分を通過しているか正確に判断できることを可能にしています。またCarto ®3では、カテーテルを心臓に当てている力(コンタクトフォース)、通電時間、通電出力を総合的に数値化したアブレーションインデックスという指標を用いて、焼灼不足、焼灼過多を避けることができます。

手術にかかる時間は3時間程度であり、入院は45日から56日程度の期間を必要とします。

 

ペースメーカ

徐脈に対応するための機械であり、ペースメーカ本体と、心臓の電気刺激を感知したり電気を伝えるためのリードという電線で作られています。リードの先端が心臓の筋肉に接して、電気刺激を伝えて心臓を動かします。重さは20gほどであり、ペースメーカ本体とリードは、手術により体内に完全に埋め込まれます。手術にかかる時間は12時間程度であり、入院は12週間程度の期間を必要とします。植え込んだあとはペースメーカ外来で定期的に履歴を確認させていただきます。

公立学校共済組合 日本医療機能評価認定病院 人間ドック学会健診施設 機能評価認定施設 ワークライフバランスインフォメーション
ページトップ