内科専門研修プログラム

プログラム統括責任者(医務局長)
和泉 匡洋
基礎的臨床能力の獲得から
高度な専門医への道を歩む研修プログラム

私は、近畿中央病院(近中)内科専門研修プログラム統括責任者の循環器内科の和泉匡洋と申します。
ぜひ、一緒に近中で内科を学びましょう!

当院は、許可病床数445床の中規模病院でありますが、7つの内科系診療科(呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・神経内科・免疫内科・腎臓内科・内分泌内科)を有し、連携施設にお願いしなければならないのは血液内科の疾患群のみとなります。また、大阪大学病院をはじめとして約20病院と連携を組んでおり、施設選択の自由度が高くなっております。
サブスペシャリティ領域において、各学会認定の専門医・指導医が多数在籍し、後期研修の指導にあたりますが、研修者のニーズやスタイルに合わせて、研修ができるよう心掛けております。
当院は地域連携支援病院として急性期医療を担っておりますので、救急診療においても、救急科の指導医の先生と共に研修することができ、救急スキルも身につけることができます。
近中で充実した専攻医生活を送れるよう、共に頑張っていきましょう。

 

当院基幹プログラムの特徴

  • 内科専門研修では全人的な診療能力を伸ばすとともに専門分野の専門医を目指すため高度の知識・技術を習得させることを目的とします。
  • 3年間で、当院の教育に情熱を注ぐ指導医の下、入院患者診療、外来診療、検査業務、処置・カンファレンスを通じて専門医として必要な知識や手技の修得ができるようにします。
  • 内科専門研修修了後の進路は当院の常勤医、スーパーレジデント(卒後6年目以上の非常勤医)、関連大学大学院などへの道が開かれています。
掲載内容の変更・修正について
掲載内容はあくまで内科領域における「一次審査」時の内容であるため、都道府県協議会での協議、日本専門医機構による二次審査を踏まえて掲載内容が変更・修正となる可能性があることを予めご了承ください。

先輩の声

病院見学について

病院見学について

医師(医学生・歯学生)の病院見学を随時を受入しています。

見学日当日はマスク(布マスク不可)とフェイスシールド(あれば)をご持参下さい。
また検温と健康状態チェックをお願いします。
見学が困難な場合は採用応募フォームで「見学困難なため連絡希望」を入力して下さい。

ご見学をご希望の方は以下のフォームに入力の上、ご送信ください。

 

募集要項 2次募集受付中       

出願手続 応募資格:医師免許を有し、医師臨床研修制度における2年間の臨床研修を修了、もしくは修了見込みの者
出願締切 選考試験2日前必着
出願書類 ①履歴書(市販のJIS規格に写真を必ず貼付)
②医師免許(写し)
③診療研修修了登録証(写し)または臨床研修修了見込証明書
選考方法 書類審査、面接試験
選考日 令和3年12月16日(木)~23日(木)の間で調整の上実施します。
募集人数 8名
出願書類送付先 〒664-8533 兵庫県伊丹市車塚3丁目1番地
公立学校共済組合近畿中央病院
事務部総務課 内科専門研修プログラム管理委員会事務局
TEL:072-781-3712(代表)

待遇

身分 非常勤職員
勤務時間 月曜~金曜日(週休2日制)・年末年始休業(12月29日~1月3日)
平日勤務時間:8時30分~17時15分(実働7時間45分)
宿直当直 勤務表により日直・宿直・宿日直勤務あり(月2~5回程度)
日直業務:8時30分~17時15分
宿直業務:17時15分~翌8時30分
宿日直業務:8時30分~翌8時30分
※当直明けは午後より特別休暇取得可
給与 卒後3年次 325,000円
卒後4年次 350,000円
卒後5年次 375,000円
卒後6年次 400,000円
卒後7年次 425,000円
その他手当 レジデント手当(月33,000円~53,000円)、赴任手当(50,000円)、住居手当(月28,000円)、通勤手当、宿直手当(1回20,000円{法定の超過勤務手当てを別に支給しています})、超過勤務手当、呼出手当、年末年始手当
賞与
学会出張 可(旅費及び参加費として年135,000円支給)
休暇 有給休暇
年次有給休暇、特別休暇(開院記念休暇 1日)、その他
宿舎 有(有料)
食事 食堂(有料)あり、院内にコンビニあり
図書室
仮眠室・専用机 有(個室はなし)
社会保険 有(健康保険、厚生年金、労働保険)
医師賠償責任保険 有(病院として加入)
健康管理 有(年度内2回 定期職員健診)

 

社会保険・宿舎・食堂等は福利厚生についてをご覧ください。

 

ページトップ