HCU

部署紹介

HCU(High Care Unit:高度治療室)は、2014年6月に開設され、総病床 4床、看護体制 4:1の病棟です。緊急入院をはじめ、全診療科から重症度・看護度の高い患者さまを受け入れ、高度な医療・看護を提供し、重症の方の回復への援助を行っています。
また、多くの機器やチューブ類などの装着による身体的・精神的苦痛や不安に対し、スタッフ間で情報を共有し、患者さまやご家族に寄り添い、苦痛や不安が少しでも軽減できるように努めています。

主な仕事

生命を急激に脅かす重症度の高い患者さまに対して、さまざまな生体反応を24時間観察し、現在ある機能を最大限に高めるケア(クリティカルケア看護)を提供します。
また、重症の方の生命を救うために、多くの医師・看護師・臨床工学技師・理学療法士・言語聴覚士・薬剤師・栄養管理士・歯科衛生士・医療ソーシャルワーカー(MSW)など様々な専門知識や資格を持った職員者が、一人の患者さま・ご家族に対し、チームで連携し高度な医療や看護を提供しています。病態の変化が激しいため、症例カンファレンスを日々行い情報共有に努めています。

日常の雰囲気

各勤務帯、患者さまの情報をスタッフ全員で共有し、処置やケアはスタッフ間で協働するなど、統一した看護の提供を行っています。
また、患者さまに関係する職種と円滑にコミュニケーションを図ることができており、チームワークが良い病棟です。

ここが自慢です

  • HCUで看護を行っていくには、様々な知識や技術の習得が必要ですが、クリティカル領域における看護の魅力ややりがいを感じることができます。
  • ともに成長しながらスキルアップを目指せる部署です。
ページトップ