皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師の役割

皮膚・排泄ケア認定看護師を一言で言うとスキンケアと排泄ケアの専門家です。活動として創傷(床ずれや手術の傷など)、ストーマ(人工肛門や人工膀胱)、失禁(尿や便が漏れる)などの患者さまを対象に専門的なケアを提供しています。また、褥瘡・ストーマ・失禁に関した皮膚トラブルに関するコンサルテーションの対応、ケアに関する看護師への教育・指導を行っています。

活動の具体例

  • 創傷ケア・褥瘡ケア
    専従の褥瘡管理者として褥瘡予防対策を行っています
    その他、手術部位感染(Surgical site infection; SSI)、下肢潰瘍や医療関連機器圧迫創傷(MDRPU)、高齢者によく見られるスキンテア(皮膚裂傷)などの予防や創のケアも行っています。
  • ストーマケア
    ストーマ(人工肛門・人工膀胱)をつくられる患者さまに対して、術前から術後のケアを病棟看護師と共に行っています。また、退院後の日常生活が快適に過ごせるように、ストーマ外来にて患者さまの相談をお受けしています。
  • 失禁ケア
    主に入院中の患者さまに対し、尿・便失禁により生じた皮膚障害に対するスキンケアを行っています。

スペシャリストインタビュー

皮膚・排泄ケア認定看護師

スキンケアや排泄ケアは日常的に行なわれるものであり、欠くことのできない看護の基本となるものです。専門的なケアによって患者さま・ご家族の皆さまによりよい生活を過ごしていただけることを願い、医師や看護師そしてさまざまな医療従業者と協力し、活動しています。

ページトップ