沿革

トップ 当院について 沿革

病院沿革

当院は、昭和31年7月公立学校共済組合が組合員とその家族のため福祉事業の一環として、全国8ブロックに開設された最初の医療施設です。当初は、組合員の結核予防を主として開院されました。

 

昭和38年8月からは組合員の疾病の早期発見や予防活動を目的として人間ドック事業を開始しました。その後、結核対策が効果を上げたことや社会情勢や生活環境が大きく変化したことなどにより、当初設置されて目的は達成され、結核病床の全てを一般病床へ変更しました。

 

現在では、総合病院として診療を行っています。
当院は近畿ブロックの組合員のための職域病院として、また、地域市民のため地域基幹病院として、患者さんとの強い信頼関係に基づいた医療を推進しています。患者さんの1日も早い社会復帰をサポートするため、現代のニーズに応えるべく、特徴ある医療を行う改革志向の強い急性期型病院を目指すため、職員一丸となってチーム医療を推進しています。

昭和

昭和31年5月 近畿2府4県の公立学校の教職員とその家族の結核患者を収容、治療を主な目的として開設。
昭和37年7月 診療科は内科、外科、耳鼻咽喉科、皮膚泌尿器科、婦人科、歯科の6科を設け、病床数300床として開院。
昭和37年8月 人間ドック開設。
昭和37年11月 結核病床の一部を一般病床に転用、総合病院の許可を受ける。
昭和50年2月 全病床が一般病床として許可を受け、職域病院から地域病院としての役割を強める。
昭和55年9月 管理外来診療科などの新築工事完了。

平成

平成元年4月 新病院の増設工事完了。病床数453床となる。
平成3年2月 高血圧予防センター棟増改築工事完了し、診療を開始した。
平成4年4月 厚生省臨床研修病院の指定を受ける。
平成11年1月 近畿中央病院の基本理念をかかげる。
平成13年3月 外来診療棟の増改築工事完了。
平成13年4月 遺伝子診療センターを開設。
平成14年4月 日本医療機能評価機構認定病院となる。
平成15年3月 人間ドック棟改修工事完了。
平成15年9月 メンタルヘルスケアセンターを開設。
平成17年4月 人間ドック健診施設機能評価の認定を受ける。
平成17年11月 内視鏡センターを開設。
平成18年7月 近畿中央病院の理念と基本方針をかかげる。
平成19年1月 厚生労働省指定 地域がん診療連携拠点病院となる。
平成19年12月 生活習慣病センターを開設。
平成20年1月 電子カルテを導入。
平成20年7月 DPC対象病院となる。
平成23年11月 地域医療支援病院となる。
平成25年4月 脳神経外科を開設。
平成25年9月 形成外科、リハビリテーション科を開設。
平成26年8月 HCU病床稼働。
平成27年4月 呼吸器センターを開設。
平成30年1月 日本医療機能評価機構認定病院(3rdG:Ver1.1)となる。

令和

令和2年4月 救急科を開設。
公立学校共済組合 日本医療機能評価認定病院 人間ドック学会健診施設 機能評価認定施設 ワークライフバランスインフォメーション
ページトップ