看護師の特定行為

トップ 当院について 看護師の特定行為

看護師の特定行為実践の包括同意についてのお願い

1.看護師の特定行為とは

特定行為は、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに専門的な知識及び技能が特に必要とされる看護師による診療の補助です。医師または歯科医師が作成した事前指示の一つである「手順書」に基づいて行われます。

当院で特定行為(診療の補助)を行う看護師は、認定看護師としての経験を有し、厚生労働省の指定する「特定行為研修」を修了しております。

2.安全に実施するために

特定行為(診療の補助)を行う看護師は、一般看護師とは異なるユニフォームを着用しております。

特定行為の実践に当たっては、安全に実施できるように、病院として医療安全対策を徹底しております。

当院で行う特定行為は以下の項目です。

区分 内容
呼吸器関連
  • 気管チューブの位置にずれが生じた場合、位置を調整します。
  • 人工呼吸器の設定を状況に合わせて、細かく調整します
  • 人工呼吸器によるつらさを少なくするために、お薬を調整します。
ろう孔管理関連
  • 胃ろうカテーテルや腸ろうカテーテルなどを交換します。
  • 膀胱ろうカテーテルを交換します。
創傷管理関連
  • 褥瘡や創傷の治癒を促進するために不要な組織を取り除きます。
  • 状況に応じ創部を密閉し陰圧をかけ、治癒を促進します
動脈血液ガス分析関連
  • 動脈から採血したり、血圧が測定できたりするようにします。
栄養および
水分管理に係る薬剤投与関連
  • 水分や栄養に過不足が生じた場合、点滴を調整します。
感染に係る薬剤投与関連
  • 医師の診断を受けて、迅速に抗生剤投与を実施できるようにします。
血糖コントロールに係る薬剤投与関連連
  • インスリン使用中に生じる血糖値の変動に対応します。
循環動態に係る薬剤投与関連
  • 血圧などが適切な範囲となるように、お薬を調整します。
  • ※認定看護師:特定の看護分野における熟練した看護技術及び知識を用いて、あらゆる場で看護を必要とする対象に水準の高い看護実践のできる者として、日本看護協会の認定を受けた看護師をいいます。
公立学校共済組合 日本医療機能評価認定病院 人間ドック学会健診施設 機能評価認定施設 ワークライフバランスインフォメーション
ページトップ