がん登録・統計

トップ 当院について がん拠点病院とは がん登録・統計

院内がん登録とは

院内がん登録とは、がん診療の実態の把握や、医療の質の向上を図るため、がん診療に関する情報を定められた方法で収集、分析する仕組みです。地域がん診療連携拠点病院として指定されている病院は、国の定める方法により院内がん登録を行うこと、収集した情報を国立がん研究センターへ提出することを必須として求められています。
また、2016年1月に「がん登録等の推進に関する法律」が施行され、がんの情報を県へ届け出ることを義務付けられています。
当院では、当院でがんの診断や治療を行われた患者さまに関する情報(部位、治療、予後等)について、院内がん登録実務者が登録を行い、院内で分析等を行うとともに、国や県へ届け出を行います。

統計

公立学校共済組合 日本医療機能評価認定病院 人間ドック学会健診施設 機能評価認定施設 ワークライフバランスインフォメーション
ページトップ