診療科

小児科

トップ 診療科・部門 小児科 主な診療内容/専⾨外来

主な診療内容

成⻑ホルモン分泌不全性低⾝⻑ (下垂体性⼩⼈症)

説明

最終⾝⻑に影響するものとしては成⻑ホルモン、甲状腺ホルモン、性ホルモン、環境要因、精神的ストレス、思春期スパートの時期など個⼈差があります。
負荷試験をして成⻑ホルモンを調べて判定します。

症状

低⾝⻑ : ⾝⻑が同性・同年齢の⼦どもの平均⾝⻑と⽐べて、マイナス2SD以下の場合をいいます。

治療内容

成⻑ホルモン補充療法

感染症

説明

⼩児外来を訪れるお⼦さまは、ほとんど感染症での受診です。

治療内容

冬季のインフルエンザでは、迅速診断・抗ウイルス治療をしています。
また、冬場にはRSウイルス感染症などが集中し、冬〜春にはノロウイルスやロタウイルスなどによるウイルス性胃腸炎、⽔痘が増加します。
夏場はヘルパンギーナ、⼿⾜⼝病、プール熱、ムンプスが多く⾒られます。
通年性に溶連菌感染症、マイコプラズマ感染症などがよく⾒られます。
ロタ、アデノウイルス、RSウイルスや溶連菌の迅速検査も⾏っています。

専門外来

内分泌専⾨外来

成⻑ホルモン分泌不全性低⾝⻑ (下垂体性⼩⼈症) 、クレチン症、バセドウ病、橋本病、副甲状腺・副腎疾患、思春期の異常、肥満、糖尿病、夜尿症などの診断・治療・指導を⾏っています。

 

木曜日 14:00~15:30まで予約制です

予防接種外来

BCG・MRワクチン、おたふく・⽔ぼうそう・⽇本脳炎・⼆種混合・B型肝炎ワクチン、ヒブ・肺炎球菌、四種混合、ロタウイルス、インフルエンザと⼦宮頸がんワクチンの予防接種を⾏っています。希望があれば髄膜炎菌ワクチンの接種も可能です。

  • 予防接種は水曜日13:30~14:00まで受け付けており、原則予約なしです。
  • 日本脳炎ワクチンについては、ワクチンの供給が不足しているため、予約制とさせていただきます。(初回、2回目の接種を優先的にさせていただきます。)接種を希望される場合は、事前に小児科外来までお問い合わせの上、ご予約をとっていただきますようお願いいたします。
  • おたふくワクチンについては、出荷停止のため、予約制とさせていただきます。接種を希望される場合は、事前に小児科外来までお問い合わせの上、ご予約をとっていただきますようお願いします。
  • なおインフルエンザと子宮頸がんは月曜日14:00から実施で予約が必要です。

受診するその前に

乳児健診 (1-12ヶ⽉対象) は⽕曜⽇の13:30〜15:00まで予約制です。

その他 ⼩児科の取り組み

  • ⾚ちゃんから15歳 (中学3年⽣) までのお⼦さんの診察を⾏っています。
  • 学校検診の⼆次検診を⾏っています。
  • ⼊院は原則個室ですが、個室料⾦は不要です。
    希望があれば⺟親の分のお⾷事を⽤意しております。
公立学校共済組合 日本医療機能評価認定病院 人間ドック学会健診施設 機能評価認定施設 ワークライフバランスインフォメーション
ページトップ