診療科

脳神経内科

トップ 診療科・部門 脳神経内科
主に脳・脊髄・末梢神経・筋の
疾患を治療しています

頭痛・物忘れ・歩⾏障害・⼿⾜の⿇痺・
感覚障害等御相談ください。

メッセージ

脳神経内科疾患の正確な診断とひとりひとりの患者さまにあわせた適切な治療を⼼がけています。

アピールポイント

多岐にわたる疾患の治療

脳神経内科では主に脳、脊髄、末梢神経、筋の疾患を診療しています。
患者さまの受診される理由としては頭痛、物忘れ、歩⾏障害、⼿⾜の⿇痺や感覚障害などを多く経験します。
具体的には脳梗塞、パーキンソン病、アルツハイマー型認知症、脊髄⼩脳変性症などが多い疾患としてあげられますが、その他、てんかん、脳炎髄膜炎、筋萎縮性側索硬化症(ALS) 、多発性硬化症、重症筋無⼒症、各種の筋ジストロフィー、ギランバレー症候群、多
発性神経炎など多岐にわたります。

多⾯的な検査を駆使した的確な診断

  • MRI、CT、脳波、針筋電図、末梢神経伝導速度、頚動脈エコー、髄液検査に加え、必要に応じて当院遺伝⼦診療センターと連携して遺伝⼦診断も⾏うことにより、的確な診断をめざしております。

多⾯的な検査を駆使した的確な診断

  • 常勤医3名に加え、外来は⼤阪⼤学神経内科から⾮常勤医を週2回招聘し⾏っています。
  • また、平成25年7⽉からは地域医療機関、救急隊からのホットラインによる対応(ブレインコール)を開始し、脳神経外科の協⼒のもと脳卒中などの神経救急患者の積極的受け⼊れを⾏っています。
公立学校共済組合 日本医療機能評価認定病院 人間ドック学会健診施設 機能評価認定施設 ワークライフバランスインフォメーション
ページトップ