診療サポート部門

臨床検査科

トップ 診療科・部門 臨床検査科
⾒えないものを、
⾒える形に

メッセージ

アピールポイント(臨床検査科の役割)

臨床検査科は病気の診断・治療・経過観察の指針となる患者さまの情報を、正確かつ迅速に臨床の現場に提供することを業務としている部署です。 臨床検査科が受け持つ検査には⼤きく分けて、検体検査と⽣理検査があります。
検体検査は、⾎液輸⾎検査、⽣化学免疫検査、尿検査、微⽣物検査、病理検査に分かれ、これら6部⾨により臨床検査科を構成しています。

業務体制

⽇直・当直体制をとり、緊急性のある検査や輸⾎にも24時間体制で臨んでいます。

検体検査の基準範囲

検査の基準範囲は測定⽅法や測定機器、試薬によっても異なってきます。
同じ検査項⽬でも施設により多少異なることがあります。
また、検査結果に影響を及ぼす因⼦ (⾷事・運動・採⾎時間・年齢・個⼈差など) もあり基準範囲と⽐べるだけで病気か健康かを直ちに判断できるものではありません。 検査結果の判断については担当医にご相談ください。

 

専⾨性を活かしてチーム医療に参加

医療⼈としての資質の向上をめざし各種認定検査の取得にも⼒をいれています。 取得した資格を活⽤し、チーム医療に参加しています。

細胞検査士 3 名
超音波検査士 体表 4名、循環器 6名、消化器 6名、泌尿器 3名、血管 4名
血管診療技師 2 名
生殖補助医療胚培養士 1 名
糖尿病療養指導士 2 名
認定検査技師 病理 1 名、一般 1名、管理 1 名
2級臨床検査士 微生物 2 名、血液 1 名
緊急検査士 1名
公立学校共済組合 日本医療機能評価認定病院 人間ドック学会健診施設 機能評価認定施設 ワークライフバランスインフォメーション
ページトップ