診療科

脳神経内科

トップ 診療科・部門 脳神経内科 主な診療内容/専門外来

主な診療内容

脳梗塞

説明

動脈硬化などの原因で脳の⾎管がつまることにより、脳が酸素や栄養の不⾜で障害される病気です。

症状

⽚側の⼿⾜が動きにくい・しびれる、⾔葉が出にくい、意識がおかしい、など。

治療内容

薬物療法に加え、早期からのリハビリテーションを⾏い、運動機能の回復をめざします。

パーキンソン病

説明

脳のドパミン(神経伝達物質のひとつ)の不⾜により、体の動きにくさがでる病気です。

症状

⼿⾜のふるえ、歩きにくさ、体の硬さ、動きのにぶさなど。

治療内容

丁寧な診察に加え、必要に応じて頭部MRIやダットスキャン・MIBG・⼼筋シンチグラフィーなども⽤いて正確な診断を⼼がけています。
⼀⼈ひとりの患者さまにあった内服薬の調整をしています。

その他の神経・筋疾患

説明

いろいろな病気により、⿇痺や感覚障害などがおこります。

症状

⼿⾜のしびれ、動きにくさ、しゃべりにくさなど。

治療内容

免疫グロブリン⼤量療法、インターフェロン、⾎漿交換などを含め、多様な神経内科疾患のそれぞれの患者さまに最適と考えられる治療をおこなっております。
在宅⼈⼯呼吸の導⼊・⽀援もしています。

公立学校共済組合 日本医療機能評価認定病院 人間ドック学会健診施設 機能評価認定施設 ワークライフバランスインフォメーション
ページトップ