診療科

形成外科

トップ 診療科・部門 形成外科 主な診療内容

主な診療内容

下肢静脈瘤

⾜のむくみやだるさの原因、⾜の治らない潰瘍の原因が下肢静脈瘤にある場合があります。
弾性ストッキング、局所注射(硬化療法)、ストリッピング⼿術による治療をおこないます。

下肢静脈瘤特設ページ

⽪膚腫瘍(⽪膚のできもの、あざ、いぼなど)

ほとんどの場合、⽇帰り⼿術でとれます。
現在のところレーザー治療はおこなっておりませんが、レーザー治療が適切と判断した際には、他施設をご紹介させていただきます。

外傷

顔や⼿⾜を切った、トゲやガラスが刺さった、猫に引っ掻かれたなど。
形成外科としてなるべく傷痕が⽬⽴たないよう、洗浄や縫合などの処置を⾏ったり、⾃宅での処置⽅法を指導したりします。

熱傷(やけど)

できるだけきれいに治るよう、軟膏療法から⼿術に⾄るまで⾏っています。
治癒後の傷痕についても、引き続き診療いたします。

巻き⽖

⽖が⾷い込んで、痛くてたまらないなど。15分ほどの⼿術で治ります。翌⽇から⼊浴可能です。また⼿術を希望されない⽅には、クリップを使った出⾎のない治療
もあります。

瘢痕、ケロイド(⼿術やけがの後の傷痕やケロイド)

⼿術の痕、事故や⽕傷の痕を、⼿術やお薬を使ってきれいにします。ケロイド体質といわれている⼈でも、相談してください。

眼瞼下垂、内反症(さかまつげ)、眼瞼けいれん

⽬の周り(主にまぶた)の治療をしています。
年をとるにつれて、まぶたが下がってきた。
あるいは、⽣れつき瞼がさがっている。⽚⽅だけ下がってきたなど、⽪膚を切除したり、瞼を上げる筋⾁を縮めたりします。
まつげが⽬に当たって痛いなど、さかまつげの治療もしています。
原則的に局所⿇酔のですので、⽇帰り⼿術も可能ですが、年齢によっては⼊院が必要なことがあります。
まぶたが開かない原因が眼瞼けいれんであった場合には、ボトックス注射を⾏います。

難治性潰瘍、褥瘡(床ずれ)

なかなか治らない潰瘍も、場合によっては⼿術せずに保存的に加療することも可能です。
褥瘡に関しましては、主に院内で発⽣したものに対し治療をおこなっております。

先天性異常や変形

⽿の変形、副⽿、先天性眼瞼下垂などの頭頸部の奇形、合指・多指症などの四肢の奇形、臍ヘルニア(でべそ)などの体幹の奇形を扱います。
⾚ちゃんのアザなどについても、ご相談ください。

顔⾯⾻⾻折

主に頬⾻や⿐⾻の⾻折です。
受傷まもない⿐⾻⾻折なら、その場で治すこともあります。

悪性腫瘍術後の再建

他の外科系(⽿⿐科、外科、整形外科、乳腺外科、⼝腔外科など)の⼿術(主に悪性腫瘍)で失われた組織や機能を微⼩⾎管吻合などを⽤いた⾃家組織移植で再建します。

腋臭症(わきが)・多汗症

診察にて、塗り薬による治療や⼿術の適応かなどを判断し、治療いたします。
多汗症に対し、ボトックス注射を⾏う場合があります。

陥没乳頭

⼿術をしないで治す⽅法もあります。

公立学校共済組合 日本医療機能評価認定病院 人間ドック学会健診施設 機能評価認定施設 ワークライフバランスインフォメーション
ページトップ