診療科

眼科

トップ 診療科・部門 眼科 主な診療内容

主な診療内容

⽩内障

治療内容

⼿術はほぼ全例局所⿇酔で⼩切開創からの低侵襲超⾳波⽔晶体乳化吸引術、眼内レンズ挿⼊術を施⾏しています。
また、チン⼩帯脆弱症例、緑内障合併症例、過熟⽩内障や若年性⽩内障など、難症例の⼿術や、眼内レンズ強膜内固定術・縫着術も 積極的に⾏っています。
トーリックレンズや低加⼊度数分散型眼内レンズ(レンティス®)も取り扱っています。

網膜硝⼦体疾患

検査

光⼲渉断層計(OCT)、OCT⾎管撮影、超広⾓⾛査レーザー眼底カメラによるカラーや造影写真撮影などを活⽤し、正確な診断、適時、迅速な治療につなげます。

硝⼦体⼿術

⻩斑部疾患、糖尿病網膜症や裂孔原性網膜剥離などに対して、アルコン社製コンステレーションの25ゲージシステム、ツァイス社製広⾓眼底観察システムリサイトを⽤い、経結膜⼩切開で⼿術を⾏っています。
糖尿病網膜症に対しては必要に応じてアバスチン硝⼦体注射を併⽤し、網膜虚⾎の程度にも注意して治療をすすめます。
裂孔原性網膜剥離は病状により網膜復位術または硝⼦体⼿術で対応しています。

網膜光凝固術

網膜裂孔、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などに対し、レーザー光線で網膜を凝固する治療です。

抗VEGF薬の硝⼦体内注射

加齢⻩斑変性、網膜静脈閉塞症などの患者さんに対して⾏っています。 原則として診察と同⽇に⾏っております。

ぶどう膜炎

治療内容

ぶどう膜炎とは、眼の中に炎症を起こす病気の総称で、霧視、⾶蚊症、羞明などの症状がみられます。
原因はさまざまで、免疫異常、感染、腫瘍などがありますが、原因が特定できない場合も多数あります。
蛍光眼底検査や全⾝検査で原因を調べるとともに、眼局所および全⾝治療を⾏っております。
サルコイドーシス、ベーチェット病、リウマチ等の全⾝疾患のある場合、当院の免疫内科と連携して治療を⾏ってまいります。⻩斑上膜を合併する場合には硝⼦体⼿術を選択することもあります。

緑内障

治療内容

眼圧が⾼くなることによって眼の神経が障害されて⾒えにくくなる病気ですが、その経過や病態はさまざまです。
眼底断層撮影装置OCTの更新により神経線維障害をより正確に客観的にとらえることができるようになりました。
ハンフリー⾃動視野計のファイリングシステムにより、視野の進⾏を的確に判断できます。
Goldmann視野検査は視能訓練⼠が患者さまの状態に配慮しながら実施しています。
眼圧測定や隅⾓検査等の基本的な検査に加え、これらの精密検査によって症例ごとに治療⽅針を的確に判断するよう⼼がけています。
薬物治療やレーザー治療で⼗分な眼圧下降が得られない症例、進⾏を抑制できない症例には、流出路再建術、漉過⼿術、緑内障インプラント⼿術、隅⾓解離術等の⼿術治療を⾏っています。
急性閉塞隅⾓緑内障・急性閉塞隅⾓症に対しては、レーザー治療や⼿術治療を含めて迅速に対応しています。

外眼部疾患

治療内容

翼状⽚、眼瞼腫瘍、霰粒腫、下眼瞼内反症などに対して⼿術を⾏っています。 眼瞼下垂に対する⼿術は形成外科に依頼しています。

 

形成外科について

公立学校共済組合 日本医療機能評価認定病院 人間ドック学会健診施設 機能評価認定施設 ワークライフバランスインフォメーション
ページトップ